6月12日(火)柏駅前などで放送中の超普通都市カシワ伝説最新話が公開された。
超普通都市カシワ伝説は、市民が制作している柏のご当地ゆるアニメ。
実在する柏の街を舞台に柏の中学校に通う女子中学生4名と不思議な生き物たちが、柏の街やイベントに関わる内容で、柏の魅力をゆるく発信するシュールギャグアニメである。
2015年10月にクラウドファンディングを開始し、YouTube「柏のテガちゃんネル」で現在22本のアニメが配信されている。

柏のご当地ゆるアニメ「超普通都市カシワ伝説」第5話の1シーン

柏のご当地ゆるアニメ「超普通都市カシワ伝説」第5話の1シーン

今回のお話は、手賀沼で拾った謎の石を調べようと柏市立図書館に向かうというお話。
柏市立図書館では、関東最小のプラネタリウムがあるなど豆情報を織り交ぜつつ、面白おかしく柏の魅力を紹介している。
普段は柏で働く「普通のサラリーマン」でプロデューサーの楠本慶彦さんは、「今回の第5話は、一番作りたかった話」と話す。
「これまでの話は、アニメの世界観やキャラクターの紹介を中心に制作してきた。ただ、今回の話は、本当の意味で柏の魅力の発信とアニメが融合した作品となっている。そして、このアニメの最終目的である『柏の聖地巡礼化』に最も近い作品だ。」
「これからの話は、今回の話のように柏の魅力を盛り込んだ面白おかしい作品にしたい。そして、柏に住んでいる方も柏以外に住んでいる方もこのアニメで柏の魅力を知ってもらえたら。そして、柏を訪れてくれたら」と思いを語った。

柏のご当地ゆるアニメ「超普通都市カシワ伝説」第5話の1シーン

柏のご当地ゆるアニメ「超普通都市カシワ伝説」第5話の1シーン

柏のご当地ゆるアニメ「超普通都市カシワ伝説」第5話の1シーン

柏のご当地ゆるアニメ「超普通都市カシワ伝説」第5話の1シーン

超普通都市カシワ伝説第5話「僕らの七日間図書館戦争」

出典:YouTube

あけぼの山中学2年生鎌谷まつと橋舟一花は、手賀沼で拾った謎の石を調査するために柏市立図書館へ。
柏市立図書館ではプラネタリウムもあり、一花は大喜び。
そんなときテガちゃんが現れて、石を調べ始めるが…

柏のご当地ゆるアニメ「超普通都市カシワ伝説」

柏のご当地ゆるアニメ「超普通都市カシワ伝説」

問合せ

電話番号:090-5476-4356
メール:project@dekimachi.com
担当:できる街プロジェクト プロデューサー 楠本 慶彦(くすもと よしひこ)

関連するキーワード

柏のテガちゃんネル

柏のテガちゃんネルでは、柏の市民団体「できる街プロジェクト」や柏の情報を発信するチャンネルです。

できる街プロジェクトは、「他人と協力した自己実現」を目的とした第3の場所(サードプレイス)の企画団体。

コンセプトは「人が増えれば、出来ることも増える」という単純なものの仕組化。企画ごとに団体を分けており、好きな時に自由に行き来ができる仕組みになっています。

現在は、柏市を中心に「ご当地アニメ」「小演劇部」「美化団体」3つの団体が活動中。

ランキング

人気のある記事ランキング

【フォト部】投稿写真ギャラリー 2018夏季(6〜8月)

毎月1名様限定、投稿写真をTシャツに特別加工してプレゼント!