千葉ポートタワーでは、イラストde港湾展を開催しています。湊乃あかりさんが、港湾事務所に勤務している時に描いたイラストを展示しています。千葉港は日本一広い港で、貨物の取扱量が15年連続日本第2位であることなど、港や船のことがイラストで分かりやすく学べます。イラストが可愛いので見るだけでも楽しいですよ。また、夏休みの自由研究にもなりますよ。

千葉港の展示を始めようと思ったきっかけ

日本の重要な物流拠点である千葉港の重要性を、子供たちや港湾に関わったことが無い方たちに分かりやすく伝えたかったからです。
2015年、千葉県庁に入庁し、南船橋の葛南港湾事務所に配属されました。
最初に思ったことは、「はて・・港とは・・・??」
20年生きてきて、港をみたり知る機会は無く、また自分が港で働くなんて考えたこともありませんでした。

しかし、毎日い働いて色んな種類の船を眺めているうちに、千葉港が私たちの生活の中で重要な物流拠点であることを知りました。
港湾の世界は、仕組みや専門用語が多く、理解するのに時間がかかり、自分の頭を整理するためにイラストを描いていました。
気付いたら、数十枚になり、これをきちんと形にして、子供たちや、港に関わったことが無い人に千葉港の重要さを伝えられたらなと思い、イラスト展を開きました。

作者プロフィール

1995年生まれ
・千葉県浦安市、松戸市、柏市で育つ
・子供の頃から絵を描くのが好き。
・活字が苦手で、ノートはイラスト(落書き)でとっていた。
・得意科目は座学以外。
・現在は障害福祉に携わっている。
・趣味は演劇をみたり、やってみたり。スキーとかも好き。

イラストde港湾展の概要

・会期 平成30年7月29日(日) まで
・場所 千葉ポートタワー1階市民ギャラリー
・料金 無料

関連するキーワード

千葉ポートタワーチャンネル

千葉ポートタワーは日本最大の面積を誇る国際貿易港・千葉港のシンボルとして、千葉県民500万人突破を記念し昭和61年(1986)6月15日にオープンした展望施設です。
地上113mの展望室からは千葉市街から東京湾までを一望でき、空気の澄んだ日には富士山や東京湾アクアライン、東京スカイツリー等が眺望できます。
県内有数の夕日スポットとしても知られ、東京湾に沈む美しい夕日を鑑賞できます。
また、日本夜景遺産にも認定され、日本十大工場夜景の京葉工業地域の夜景、幕張新都心や千葉都心部の夜景を楽しめます。
このチャンネルでは、千葉ポートタワーからの眺望やイベント情報、千葉ポートパークや千葉港の情報を発信していきます。

ランキング

人気のある記事ランキング