まさかの男が新しくなったZOZOマリンスタジアムにアーチを放った。千葉ロッテマリーンズの新シート・ホームランラグーンが3月9日のオープン戦より披露された。注目は4メートルせり出した外野。このホームランラグーンのゾーンに誰が最初にホームランを放つかに注目が集まる中、プロ通算0本塁打の江村直也捕手が3月10日の中日戦でまさかの一発を放った。

 千葉ロッテマリーンズの名物YouTubeチャンネルはベンチ内にて広報がその瞬間の感動を抑えるべく連日、待機。初日の9日はホームランが出ずに空振りに終わったが、10日についにその瞬間を捉え、試合終了後に早速、ベンチ内の映像をアップしている。

 これまでベンチ外からの映像はあったがベンチ内からの映像は貴重。ファンの間でも注目が集まっており、再生回数が伸びている。ただ、広報もプロ通算0本塁打男がまさか打つとは思っていなかったのか、映像を撮り始めたのはスタンドインした直後。映像の雰囲気からも、きっと慌てふためきながらカメラを回しているであろうことが容易に想像できる。

ホームランボールを手に笑顔の江村選手

ホームランボールを手に笑顔の江村選手

関連するキーワード

千葉ロッテマリーンズ チャンネル

「千葉ロッテマリーンズ」の公式チャンネルです。マリーンズ広報担当が最新情報をお届けします。

ランキング

人気のある記事ランキング