千葉ロッテマリーンズは売り子ペナントレース5月ラウンドGWの3試合を終えての途中経過を発表した。1位はハンデも加えて近藤晃弘さん(ソフトドリンク)582杯(24年目も、ソフトドリンクのため200%計算で1164杯としてカウント)。そして2位には4月24日に売り子デビューしたばかりのつかささんがランクインし関係者を驚かせた。つかささんは577杯の売り上げを記録(ソフトドリンクのため200%計算で1154杯としてカウント)している。

 つかささんは「千葉ロッテマリーンズが大好きで、ライトスタンドでよく観戦をしていました。球場での仕事に興味があり、声の大きさには自信があったので4月24日より売り子を始め5月ラウンドより参加をさせてもらっています。大先輩を目標に頑張ります!」とコメントした。

 ちなみに、つかささんの大きな声はセカンドアップ中のグランドにも届くほどで、5月6日の北海道日本ハム戦(ZOZOマリンスタジアム)ではアップを見守っていた井口資仁監督の注目を集め、選手たちに「おい、声で負けているぞ」と笑ったほどだ。

 3位以下は次の通り。3位りかさん(ビール)742杯(3年目のため130%計算で965杯としてカウント)、4位あやかさん(ビール)612杯(2年目のため140%計算で857杯としてカウント)。5位なこさん(ソフトドリンク)410杯(ソフトドリンクのため200%計算で820杯としてカウント)。

 昨年は立ち売り販売のドリンクメニュー(ソフトドリンクも含む)を販売している売り子経験5年以内が条件だったがハンデをつける形で売り子年数に関わらず参加できる事になっている。また男性も参加可となり参加者110名(昨年88名)で行っている。今年は次のルール。①参加者の勤続年数によって、日々の売上杯数にボーナスを加えた数量を確定杯数とする。1年目:1日の売上杯数の150%、2年目:1日の売上杯数の140%、3年目:1日の売上杯数の130%、4年目:1日の売上杯数の120%、5年目以上:ボーナス無し。ソフトドリンク・日本酒は勤続年数に関わらず200%設定とする。②月ごと(3月は4月度と合わせて集計する)に売上杯数1位の売り子を決定し、9月に実施する決勝ラウンドへの進出権を獲得(4月ラウンドの勝者はビールの今井さやかさん)。9月(10月に試合があれば加える)は各月の勝者で杯数を競い、9月にハンデを含み、トップだった方が優勝となります。

 販売杯数№1を達成された売り子には多大なる栄誉と優勝賞品として「ハワイアン航空 成田-ホノルル往復ペア航空券」がプレゼントされる。なお、今回の企画は東京ドーム開催は除く。

2位に入ったつかささん。ルーキーながら存在感をみせている

2位に入ったつかささん。ルーキーながら存在感をみせている

関連するキーワード

千葉ロッテマリーンズ チャンネル

「千葉ロッテマリーンズ」の公式チャンネルです。マリーンズ広報担当が最新情報をお届けします。

ランキング

人気のある記事ランキング