乗客に振る舞われる、チーバベリーを使った限定ケーキ(写真はイメージ)

 JR千葉支社は、千葉県内でイチゴ狩りやジャム作りを楽しめる日帰りの「チーバベリートレイン」を3月31日に運行する。同支社は「千葉のイチゴやスイーツを楽しめる特別商品。ぜひ乗車を」と呼び掛けている。

 列車は新宿駅発。成東駅で専用バスに乗り換え、山武市内のイチゴ園でイチゴ狩り。県オリジナルの新品種「チーバベリー」や、「ふさの香」などを食べ比べ。香取市内のリゾート施設「THE FARM」でいちごジャム作り、「水の郷さわら」で買い物をした後、佐原の町並みを散策。車内ではチーバベリーを使った「ル・パティシエヨコヤマ」(習志野市)による限定ケーキを味わえる。

チーバベリートレインに使用される「リゾートやまどり」

 車両は、普段は群馬県を中心に走る観光列車「リゾートやまどり」。6両編成で、1・6両目の展望室では北総ののどかな風景を楽しめる。

 旅行商品は今月26日午後2時発売で、びゅうプラザやびゅう予約センター(電話)などで販売。定員は88人。

 2016、17年は「HOKUSO(北総)スイーツトレイン」と銘打ち洋菓子やスイーツをテーマとした旅行商品を販売していたが、今年は「チーバベリー」に焦点を当てた。過去2回は「発売とほぼ同時に完売した」(同支社)ほどの人気だったという。

関連リンク

関連するキーワード

千葉日報チャンネル

おなじみ地元新聞「千葉日報」のチャンネルです。ちばとぴ!向けにピックアップした記事をご紹介します。

ランキング

人気のある記事ランキング