銚子沿岸で、イルカやクジラが見られるってご存じですか?

「銚子海洋研究所」(銚子市潮見町)では6月から10月の間、「沿岸イルカウォッチング」を開催中。イルカさんを一目見たいと、ちばとぴ編集部員は千葉県民の日の6月15日に体験乗船してきました!

フリッパー号で出発

銚子海洋研究所の小型船・フリッパー号=15日、銚子マリーナ

やって来たのは、銚子マリーナ。

約30人の親子連れなどの参加者を出迎えてくれたのは、2階デッキに運転席がある白色の小型船「フリッパー号」です。

フリッパー号の中で出発を待つ参加者=15日、銚子マリーナ

スナメリは体長約2メートルのイルカで、日本や東南アジアから、中東・ペルシャ湾の温暖な沿岸域にかけて生息しています。銚子の沿岸では、イワシやイシモチなどのエサが豊富なことから、その姿を多く見ることができます。6月から真夏にかけては子育てのシーズンで、子どもの呼吸を助けるため、水上近くにいるのだそうです。まるい頭が特徴で、200~300頭の群れをつくります。

この日は晴天に恵まれ、銚子沿岸の波はとても穏やか。スナメリとの出会いに期待が膨らみます。

参加者は乗船前に、同研究所のスタッフから注意点などの説明を受け、オレンジ色の救命胴衣を着用して、フリッパー号へ乗りこみました。

スナメリを探すも、体に異変が

フリッパー号のデッキから、スナメリの姿を探す参加者たち=15日、銚子沿岸

銚子マリーナを出発したフリッパー号は、徐々にスピードを上げて沖へ向かいます。陸地から離れるとともに船体も上下に大きく揺れ始め、打ちつける波で、水しぶきが飛び散ります。

出発して30分が過ぎたあたりから、編集部員の体調に異変が……。船酔いで立っているのがやっとの状態になってしまいました。

スナメリの生息する銚子岬の沖3~4キロメートルあたりに着いたところで、スタッフがスナメリがいると海上を指をさします。

参加者はデッキから海上を眺め、スナメリの姿を探します。

スナメリ発見か!? 必死でシャッター切るも・・・

スナメリの群れは、鳥だったもよう=15日、銚子沿岸

「おお~っ!あれか~~!? ううう……」

意識が朦朧とする中、ポコポコと何やら海上に浮いて見える物体に、必死でシャッターを切った編集部員でしたが、やがて全く動けなくなり、あとはデッキに座り込んで残りの時間を耐えるのでした。

マリーナへ到着し、船を下りたものの、しばらく回復せずに座りこむ編集部員。

「銚子まで、船酔い体験記を書きに来たのではない。イルカウォッチングを取材しに来たのだ……」

やっとの思いで立ち上がり、市原市から参加した小学2年生の女の子に感想を聞くと、「イルカが飛び跳ねるのが見えた。嬉しかった」とコメント。他の皆さんは大いに楽しんだようです。

最後にカメラをチェックしたところ、イルカだと思い必死にシャッターを切った黒い影は、よくよく見ると、鳥……。編集部員の顔が一瞬で青ざめたことは言うまでもありません。

元気に泳ぐスナメリの写真は、銚子海洋研究所に提供してもらいましたので参考までにご覧下さい。皆さんもフリッパー号に乗って夏のイルカウォッチングを楽しんでみてはいかがでしょうか?

銚子沿岸の海上に現れたスナメリ(銚子海洋研究所提供)。なお、銚子海洋研究所では、安全にウォッチングを楽しめるよう、撮影する際は望遠レンズの使用制限を設けています。最大径10、長さ20センチメートルまでとなっています。

問い合わせ、申し込みはこちら

関連リンク

関連する記事

新春イベントに注目ルーキー・大木が登場! 阪神・藤川も絶賛、千葉県出身

1月3日の新春初売り・初投げに、育成ドラフト1位の大木貴将選手が出席することが決まりました。


   千葉ロッテマリーンズ チャンネル

マリーンズ 初売りイベントは1月3日 お菓子詰め放題セールも!

マリーンズ恒例の新春初投げ・初売りイベントを1月3日にQVCマリンフィールドにて実施します。


   千葉ロッテマリーンズ チャンネル

【動画部】 千葉ジェッツ惜敗! 名古屋戦ダイジェスト 2015/12/12

12月12日、ホーム船橋アリーナで行われた千葉ジェッツ対三菱電機ダイヤモンドドルフィンズ名古屋のダイジェスト…


   ちばとぴ!動画部チャンネル

関連するキーワード

ちばとぴ!編集部チャンネル

ちばとぴ!編集部の公式チャンネルです。千葉情報のまとめの他、編集部オリジナル記事、編集部からのお知らせなどを配信いたします!

当サイトの事務局的な動きもしております。

ランキング

人気のある記事ランキング

【カメラ部】投稿写真ギャラリー 2017秋季

毎月1名様限定、投稿写真をTシャツに特別加工してプレゼント!