午前中行われたサッカークリニック

午前中行われたサッカークリニック

袖ケ浦ではオルカ初の公式戦となったこの試合は本日が母の日ということもあり、「オルカ×袖ケ浦 母の日DAY」として開催した。

午前中にはスペシャルゲストに松木安太郎さんが登場し、オルカスマイルコミュニケーション☆サッカークリニック in 袖ケ浦が開催され、袖ケ浦市内のチームに所属する200人近くのサッカーキッズが参加し、ピッチは笑顔であふれていた。

また、メインスタンド前広場には「オルカ横丁×袖ケ浦 ありがとう母の日マーケット」が開かれ、フード&ドリンクなどの多くの店舗が立ち並び、来場者でにぎわった。

母の日特別企画として「みんなでカーネーションビッグフラッグをつくろう」コーナーが設けられ、青い絵の具で手形を大きな白布にスタンプし、感謝のメッセージを寄せ書きした。このフラッグは選手入場の際、ともに入場し、場内にお披露目された。

ハーフタイムには地元・長浦エアロキッズの子どもたちが150人を超える大人数でダンスを披露した。

母の日特別企画みんなでカーネーションビッグフラッグをつくろう

母の日特別企画みんなでカーネーションビッグフラッグをつくろう

試合は、開幕3連勝の後、4戦連続の引き分けが続き、ホームゲームで久々の勝利がほしいオルカはキックオフから果敢にゴールを狙っていくが、ハリマもシンプルで速い攻撃で応戦し、一進一退の攻防が続く。

前半、オルカは何度か決定機があったもののゴールを決めることができず、0-0のまま前半を折り返した。

後半、オルカが主導権を握り、得点チャンスを伺うもなかなか決定機は生まれず、時間が経過していく。

そして、後半21分、オルカの選手交代直後、一瞬の隙を突かれ、ハリマ9番 葛馬史奈選手に角度のないところからクロス気味のシュートを決められ、先制されてしまう。

その後、オルカもフレッシュな選手を投入し、活性化を図るが、最後までハリマのゴールをこじ開けることはできず、0-1の敗戦となった。
これでオルカは今季初黒星。

オルカは8節を終えて3勝4分1敗の勝点13。オルカに代わりハリマが3位となり、オルカは4位に後退した。

No.30中村真実選手

No.30中村真実選手

次節は5月20日(土) 14:00キックオフ、キンチョウスタジアムにて現在2位のセレッソ大阪堺レディースと対戦する。

カモ旅チャンネル

鴨川市観光プラットフォーム推進協議会オフィシャルアカウントです。

ランキング

人気のある記事ランキング

【カメラ部】投稿写真ギャラリー 2017秋季

毎月1名様限定、投稿写真をTシャツに特別加工してプレゼント!