千葉ロッテマリーンズは2018年シーズンより、千葉ロッテマリーンズの本拠地球場「ZOZOマリンスタジアム」にLED照明システムを導入し、グラウンド照明を全面的にLED化することを発表した。

 現状のメタルハライドランプと高圧ナトリウムランプに替えて、高演色LEDを採用し、照度(グラウンドの明るさ)を維持したまま、総消費電力を約50%削減。また、統合制御システムとの連携により、ビジョンや音響と連動した躍動感あふれる演出を実現できるようになる他、新たにフルカラーのLED照明による球場外壁のライトアップも行う。

 工事は2018年2月28日に完成し3月のオープン戦より使用を開始する予定だ。総工費は8億3000万円。

新たにLED照明で外壁もライトアップされるZOZOマリンスタジアム

新たにLED照明で外壁もライトアップされるZOZOマリンスタジアム

関連する記事

関連するキーワード

千葉ロッテマリーンズ チャンネル

「千葉ロッテマリーンズ」の公式チャンネルです。マリーンズ広報担当が最新情報をお届けします。

ランキング

人気のある記事ランキング

【カメラ部】投稿写真ギャラリー 2017ー18冬季(12〜2月)

毎月1名様限定、投稿写真をTシャツに特別加工してプレゼント!