球界初の売り子アイドルグループとして今季、3年目に突入するマリーンズカンパイガールズ4名がグループの来季の継続をかけて4月4日の本拠地開幕戦から8月31日までのZOZOマリンスタジアムでのホームゲーム59試合で4人のビール売り上げ総数3万5000杯にチャレンジすることになった。達成をした場合はライブ会場でのワンマンライブと、カンパイガールズの来季継続となる。

 マリーンズカンパイガールズリーダーの今井さやかさんは「このチャレンジが達成できなければ全てが終わってしまいます!メンバーも自分以外は入れ替わって、売り子1年目の3人なので不安はありますが、ここまで作り上げてきたカンパイガールズを途絶えさせない為にも全身全霊で頑張りたいと思います。そしてマリーンズが今年こそ日本一になれるように私達もファンの皆様と一緒にマリーンズを応援していきます。それでは最後に気合を入れてウ~グビグビ、マリーンズカンパイガールズです!」と悲壮な決意を口にした。

 59試合で3万5000杯を達成するには一人8750杯、一人一日あたり平均150杯の売り上げが必要となる。なお、オープン戦期間ではリーダーの今井さやかさんが一日平均200杯、新人3人は一日平均30杯の売り上げ。数字上、非常に厳しいノルマがスタートから課せられた。

4月4日の本拠地開幕戦より本格的な活動を開始するカンパイガールズ

4月4日の本拠地開幕戦より本格的な活動を開始するカンパイガールズ

関連するキーワード

千葉ロッテマリーンズ チャンネル

「千葉ロッテマリーンズ」の公式チャンネルです。マリーンズ広報担当が最新情報をお届けします。

ランキング

人気のある記事ランキング

【フォト部】投稿写真ギャラリー 2018春季(3〜5月)

毎月1名様限定、投稿写真をTシャツに特別加工してプレゼント!