山武市の相葉苺園でイチゴ狩りを楽しみました

【ポートクイーン千葉コラム】

2017ポートクイーン千葉の松浦里奈です。
千葉日報社の房総半島の春の観光情報を紹介する撮影に行ってきました。
当日は暖かく、一足先に春気分を味わうことができました。
観光苺園では、チーバベリーなど大好きな苺をたくさん食べられ、笠森観音ではパワーをいただけた気がします。
3月9日の千葉日報第2部(別刷)に掲載されますので、実際に行ってみたいと思って、足を運んでもらえたら嬉しいです!

相葉苺園でイチゴ狩り

山武市成東観光苺組合会員の相葉苺園は県内苺狩りのメインスポット「ストロベリーロード」にあります。

園内では15品種が栽培されており、栃おとめ、紅ほっぺなど定番品種から真紅の美鈴(別名:黒いちご)や桃薫と希少品種まで幅広く取りそろえる他、ことし誕生1周年を迎えたチーバベリーも。受付や直売所では珍しい黒いちごのアイスやシャーベット、イチゴ型のかわいらしいクッキーなど加工品も充実しています。

40分食べ放題のイチゴ狩りでは6~8品種を食べ比べできます。とても有名なイチゴ園だそうで、過去には“相葉”つながりで、人気男性アイドルグループ「嵐」のメンバーで、千葉県出身の相葉雅紀さんもTV取材で訪れました。ちなみに、偶然同じ苗字なだけで、特に関係はないそうです。

取材当日は3月下旬並みの暖かさに恵まれました。

イチゴ狩り体験したのはチーバベリー、真紅の美鈴など希少品種を中心にいただきました。チーバベリーの大きさに驚き、絶妙な甘さと酸味の味にも感激!手持ちのトレーがヘタでいっぱいになるほど存分に味わいました。その後に立ち寄った直売所でもいちご大福をお土産で購入しました。

住所:千葉県山武市湯坂301(イチゴ狩り受付)
HP:http://aiba-15.com/

パワースポット、笠森観音へ

笠森観音にお参りしました

「笠森観音」は、子授けや開運で有名な天台宗のお寺です。

延暦3年(784)に伝教大師最澄上人が楠の霊木で十一面観世音菩薩を刻み山上に安置し開基されたと伝えられ、古くから坂東三十三観音の第31番札所の霊場になっています。なお、正式には「大悲山楠光院笠森寺」となりますが、十一面観世音菩薩が御本尊であるため一般に「笠森観音」と呼ばれています。

特長は、巨岩の上に建てられた観音堂の建築様式。日本唯一の「四方懸造(しほうかけづくり)」で「国指定重要文化財」に指定されていて、周辺の山々も「県立笠森鶴舞自然公園」として国指定天然記念物笠森自然林で保護されています。

境内に祭られている霊木「子授楠」根本の空洞をくぐると、子授けの御利益があるとして全国から参拝者が訪れます。女性タレントの梨花さんがここをくぐったそうで、全国区の知名度になりました。

この日の取材ではまず、子授楠横眼に進み本堂へ。木製の急な階段は土足厳禁。備え付けのサンダルに履き替え本堂へ上がります。住職の説明を聞いたあと、賽銭とお参りをしました。

回廊から長南の山並みが見渡せ、目下には自然林の巨木が佇んでいました。今はまだ枯れ木ばかりの景色も、春には桜が満開になるそうです。

縁起屋古壷(えんぎやここ)で販売されている黒招き猫

その後、本堂のふもとにある「縁起屋古壷(えんぎやここ)」へ。このお店で販売されている黒招き猫をペアで購入する事で、開運や子宝の御利益があると口コミなどで広がり、全国から多くの人が訪れます。招き猫以外にも黒猫のキーホルダーや御朱印帳、お箸など様々な物が売られていました。

黒招き猫の購入者が妊娠や宝くじ当選、受験成功など様々な開運エピソードを報告に来るそうですが、そうした人たちの話を基に、別売りの赤い座布団を一番下に、叶えたい色の座布団を合わせて吉方(東~南東~南)に向かせておくと効果があると話題になっているそうです。

これらの説明をしたお店の人はちょっとした名物おじさんで、横浜や都内で占いをしているそうです。招き猫にまつわるエピソードやご利益を聞いた後、私も友人の分を含めてパワーストーンをお土産に購入しました。

ちなみに隣接する「くろねこカフェ」では甘酒やおでん、夏はかき氷など販売、猫雑貨も購入できます。

行きは急な石段が続き息切れしていましたが、帰りは清らかな空気を吸ったのかパワーをもらい、すがすがしい気分で帰路につきました。

住所:長生郡長南町笠森302
HP:http://kasamori-ji.or.jp/

関連するキーワード

ポートクイーン千葉チャンネル

ポートクイーン千葉は、千葉港の”親善大使”として各種の公的行事に参加し、千葉港そして千葉県のイメージアップを図っています。

ランキング

人気のある記事ランキング