今年も出撃「ちば素敵艦隊」!千葉みなとマリンフェスタ2017に向け抜錨。今回もガチンコ・マニアックに行きます‼

7月17日(月・祝)に、千葉ポートパークで千葉みなとマリンフェスタ2017が開催されます。そこに、ラジコン船の大艦隊による観艦式と、「艦これ」のコスプレイヤーによるコラボ企画、「ちば素敵艦隊」が今年も登場します!

昨年度の会場の様子

昨年度の会場の様子

昨年度は、大変多くの方々にご参加いただくことが出来ました。今年も精密に作り上げられた多数のラジコン戦艦と、ハイレベルなコスプレイヤーが、皆様のお越しをお待ちしております。

かつて千葉市にあった千葉市海洋公民館「こじま」は、太平洋戦争に参戦した日本艦艇の最後の生き残りでした

千葉市美浜区高洲には、海上保安庁の練習船だった船を、そのまま公民館として運用した千葉市海洋公民館「こじま」という施設がありました。「こじま」は、太平洋戦争末期の昭和20年3月20日に、海防艦「志賀」として竣工し、数度に渡って敵潜水艦や航空機と戦闘を交えました。戦後、日本海軍の残存艦艇の多くが戦時賠償として他国に引き渡されたり、スクラップにされていく中、「志賀」は米軍連絡船や気象観測船、練習船等の任務に活用され、昭和41年から千葉市海洋公民館「こじま」として最後の仕事に就きました。そしていつしか、太平洋戦争に参戦した日本の艦艇としては最後の生き残りとなっていたのです。しかし、平成5年に消防法や建築基準法に適合しないことから閉館となり、平成10年に惜しまれつつも解体撤去されました。

ちば素敵艦隊は、解体から約20年を経て忘れられつつある「こじま」の記憶の風化を防ぐために、「こじま」や関わりのあった船等を1/200スケールに統一した縮尺で製作し、「こじま」の船歴を模型で再現することにチャレンジしています。

海防艦「志賀」(手前)と海洋公民館「こじま」(奥)

海防艦「志賀」(手前)と海洋公民館「こじま」(奥)

「こじま」は長い船歴の中で、何度も改装されてきたので、同じ船とは思えないほどに外観が変化しました。

「志賀」は戦艦「大和」最後の出撃にも関わりました!

「志賀」は戦艦「大和」最後の出撃にも関わりました!

昭和20年4月6日、「志賀」は沖縄に向けて出撃する「大和」以下第二艦隊の為の前路掃討作戦に参加し、豊後水道で敵潜水艦一隻の撃沈を報告しています。世界最大の戦艦「大和」は、「志賀」らが切り開いた航路を通って最後の出撃を果たし、翌日数百機の敵機と死闘を演じて散りました。

「志賀」の先生はドイツ海軍のUボート!?

「志賀」の先生はドイツ海軍のUボート!?

「志賀」をはじめとする海防艦は、竣工すると対潜訓練部隊に配属され、そこで兵器の扱い等を学んでいきました。その祭に訓練相手を務めたのが、ドイツから無償譲渡された潜水艦呂500(元ドイツ海軍のUボートU-511)でした。呂500はドイツの優れた技術により水中運動性能に優れ、尚且つ水中での駆動音も静かだったために、海防艦の訓練相手としては最適の潜水艦でした。
今年は、この呂500もラジコン艦隊に参加させるべく、現在鋭意建造中です!

今年も「こじま」が大艦隊を引き連れて水上をパレードします!

ちば素敵艦隊は、今年も「こじま」の精密なラジコン模型を投入し、同じスケールの船による大艦隊を編成して水上パレードを行います。戦艦「大和」や「ビスマルク」を引き連れて走る「こじま」の雄姿に注目です!ちなみに、実船の「こじま」は、軍艦の大きさを示す排水量で比較すると、戦艦「大和」の1/70しかなく、二隻が並ぶと全長80m近い「こじま」も、まるで小舟のようにしか見えません。艦隊は、ほぼ同じスケール(1/200)で統一されているので、船同士の比較も面白そうです。

「こじま」の1/200ラジコン模型

「こじま」の1/200ラジコン模型

千葉市海洋公民館「こじま」のラジコン模型。1/200なので、全長40センチ弱しかありません。本物の「こじま」は、海洋公民館時にはエンジン等を撤去していたために走ることはできませんでしたが、模型の「こじま」はガンガン水の上を走ります!

戦艦「大和」と「こじま」

戦艦「大和」と「こじま」

排水量の比では、「こじま」よりも70倍も大きな「大和」ですが、見た目も大人と子供ほど違います。ラジコン船でも、「こじま」が「大和」の傍を通ると、「大和」のおこす波だけでグラグラと大きく揺さぶられます。

ドイツ戦艦「ビスマルク」

ドイツ戦艦「ビスマルク」

ドイツの戦艦「大和」ともいうべき「ビスマルク」も登場します!今年は僚艦のドイツ重巡洋艦「プリンツ・オイゲン」の模型も参加するので、「こじま」とドイツ艦隊のコラボも見られるかもしれません。実際には出会うことのなかった船同士も、模型の世界なら仲良く並んで走ることが出来ます。

軽巡洋艦「矢矧」

軽巡洋艦「矢矧」

「矢矧」は「大和」と共に、「志賀=こじま」が切り開いた航路を通って沖縄へと出撃し、「大和」を守るために奮闘。魚雷7本、爆弾十数発を喫して「大和」と共に撃沈されました。ラジコン模型の世界では、駆逐艦を引き連れて軽快に水面を走り回ります

駆逐艦「雪風」(手前)と防空駆逐艦「初月」(奥)

駆逐艦「雪風」(手前)と防空駆逐艦「初月」(奥)

ちば素敵艦隊に参加するラジコン艦船は、戦艦などの大型艦だけではありません。駆逐艦などの小型艦艇も大型艦の間を猟犬のように駆け回ります。艦艇の中では小型な駆逐艦ですが、「こじま」と比べると大きく見えてきます。

今年も「艦これ」レイヤーさんが華を添えてくれます♪

「こじま」の紹介ステージでは、大人気ゲーム「艦隊これくしょん」のキャラに扮したコスプレイヤーさんが会場を盛り上げてくれます。今年のレイヤーさんも、ラジコン船に負けないくらいの工夫を凝らしたコスチュームで楽しませてくれるでしょう。

コスプレイヤー×艦船模型という楽しみ方

コスプレイヤー×艦船模型という楽しみ方

左から3人目のレイヤーさんは、「艦隊これくしょん」というゲームに登場するキャラクターの「雪風」に扮しているのですが、手に持っているのも模型の駆逐艦「雪風」です。このように、コスプレイヤーのキャラクターと模型が、同じ船で揃っている写真を撮影できるのも素敵艦隊の魅力の一つです。

レイヤーさんの手作り艤装も凄いです!

レイヤーさんの手作り艤装も凄いです!

コスプレイヤーさんが身に付けているコスチューム(艤装)も、ちば素敵艦隊の見どころの一つです。軽量化を図るために素材や加工方法が工夫されており、もちろん造形にも拘った作品が多くあります。モデラーの方も、レイヤーさんから意外な工作の秘訣を教えてもらえるかもしれませんね♪

関連する記事

TDS新「ビッグバンドビート」 15周年テーマソングをジャズアレンジ <ザ・イヤー・…

ディズニー部員が、TDS15周年記念プログラム「ザ・イヤー・オブ・ウィッシュ」をひと足早く体験。第二弾は「ビ…


   ちばとぴ!ディズニー部チャンネル

「カストーディアルアート」にも注目! 15周年限定11種類が登場 東京ディズニーシー

東京ディズニーシーの地面に現れるサプライズな絵「カストーディアルアート」をご存知ですか?


   ちばとぴ!ディズニー部チャンネル

ちばみなと.jpチャンネル

ちばみなと.jp(ちばみなとジェイピー)は「Let’s!サブカルポート!」をスローガンに、千葉市・千葉みなと地区の雰囲気を紹介しているサイトです。

マスコットキャラクターの「チバミナコちゃん」もヨロシクね♪

ランキング

人気のある記事ランキング

【カメラ部】投稿写真ギャラリー 2017秋季

毎月1名様限定、投稿写真をTシャツに特別加工してプレゼント!