芸術の秋♪10月は金谷美術館でアートな体験を♪
(ただ今「金谷美術館流 南総里見8猫伝」展 12月24日まで開催中)

ゆったり特別な時間を 秋のクラシックコンサート開催 金谷美術館

富津市金谷にある公益財団法人金谷美術館で21日、フレンチバロック・デュオ「Jugong boys」による秋のクラシックコンサートが開催されます。

都会の喧騒から離れ、美術館という特別な空間で、ゆったりと音楽を楽しむ特別な時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

ugong boysについて紹介します。

山本 徹(5弦のバロック・チェロ)
茨城県日立市出身。東京藝術大学器楽科、同大学院古楽専攻、及びチューリヒ芸術大学修了。バッハ・コレギウム・ジャパン、オーケストラ・リベラ・クラシカ等主要な国内のオリジナル楽器オーケストラのメンバーとして定期公演・録音・海外ツアーに参加する。2006年第20回国際古楽コンクール<山梨>第2位。2008年第16回ライプツィヒ国際バッハ・コンクール第2位。2011年ブルージュ国際古楽コンクール審査員賞、及びデンハーグピアノ五重奏団のメンバーとしてオランダ・ファンヴァッセナール国際コンクール優勝。2010年度文化庁新進芸術家海外研修員、2011年度ロームミュージックファンデーション奨学生。

根本 卓也(チェンバロ)
東京藝術大学大学院修士課程 (指揮専攻) 修了。鈴木雅明氏との出会いから古楽へと傾倒、大学卒業後渡仏。国立リヨン高等音楽院で通奏低音のディプロマを取得。帰国後は新国立劇場オペラ部門音楽スタッフとして年間を通し公演に寄与する傍ら、チェンバロ奏者・作曲家としても活動。2016年5月、ラモー《プラテ》でピリオド楽器のオーケストラを率いて、オペラ指揮者デビューを飾る。2016年6月にサックス・歌とのトリオ「Nemo Concertato」で、谷川俊太郎の詩に寄せた、メンバー自作曲による、CDブック 『大人のための俊太郎』 を上梓 (アルテスパブリッシング刊) 。2018年12月には初のオペラ《景虎(仮題)》が(公財)妙高文化振興事業団の委嘱で初演予定。
(https://jugongboys.peatix.com/#より抜粋)

≪秋のクラシックコンサート開催概要≫
会場   金谷美術館
開催日  2018年10月21日(日)
時間   13:30~ (13時受付開始)
チケット 1名様2500円 (美術館入館料含む)
ご予約  金谷美術館 0439-69-8373 (メールvoice@kanayaart.com)
※チケット代は当日受付で支払い

≪問合せ≫
公益財団法人金谷美術館
〒299-1861
千葉県富津市金谷2146-1
TEL0439-69-8111
Fax0439-69-8444

関連するキーワード

かなにゃんチャンネル

主に「金谷ストーンコミュニティ」の活動についてお届けします。富津市金谷の歴史文化を見直し、多くの人に触れ合い楽しんでいただけるような町づくりをしています。

ランキング

人気のある記事ランキング