ボーソークライマーズから県内のサイクリスト諸君へ

2018年シーズン、鹿野山ビューホテルとボーソークライマーズがコラボ。昨年に続き山岳コースをメインとした長距離系ロングライドイベントを期間限定で開催が決定した。

「千葉で山岳系の長距離ロングライド?」
「一番高い山だって400m程度しかないんだよ!」
「千葉は関東平野。日本一の平らな県だし!」
「ぬるぬる、なんちゃって山岳コースでしょ。」

そのような声が聞こえてきそうだが、この数字を見て欲しい。

獲得標高4,032m。
走行距離174km。

実にえぐい、実に魅力的な設定だ。
ホビーライダーにとってはこの数字、未知の領域のはずだろう。

あえて言わしてもらう。
並みのサイクリストは手を出さない方がいい。
尋常なコース設定ではない。
今回のイベントは、強脚、坂バカ、化け物、変態体質限定とする予定だ。
ツールドフランスでさえ、1ステージの最大獲得標高は5000m、最長ステージ231kmなのだ。

くどいようだが重ねて言おう。
素人は手を出すな。

鹿野山ビューホテルからの周回コース

昨年のツールドちば3日目の昼食会場で使用された鹿野山ビューホテル。
そう鹿野山の頂上部にあるホテルだ。
今年のグランフォンドは鹿野山ビューホテルとのコラボが実現をした。
コースは鹿野山ビューホテル前の駐車場をスタート、ゴール地点とした周回コースとなる。

170km近く走り、あと少し、もうすぐゴールだ、と疲れ切った体、なくなりかけている脚にムチを打っているところに最後の最後で鹿野山が見えてくる。
間違いなく心が折れるだろう。
ラスト5kmは、距離3.6km、平均斜度8.4%の激坂、鹿野山秋元坂を登らないといけないのだ。
うっ、なんて変態コースなんだ・・・。

くどいようだが、変態以外は断じて手を出すんじゃない。

昨年同様、12月まで毎日開催

2018房総グランフォンドは、悪天候日を除き12月までの毎日開催される。
身体づくり、脚づくりをする時間は十分にある。
チャンスは一度ではない。リタイヤしてもまた再挑戦できる。
コンディションを整えてぜひ完走を目指してほしい。

7月中に開催を宣言

現在、開催に向けて準備をしている。
詳細が気になるだろうが、情報はここまでだ。

えっ、どこを走る?いつやる?
もうすでにムズムズしている坂バカが見えるようだが、もう少し待っていて欲しい。
が、ひとつだけヒントを差し上げよう。

「コースには、心が折れるどころか足をついてしまったら最後、押して登るしかない超激坂15%~20%区間が設定されている。」

よけいにムズムズしてきたかもしれないな。
発表は、ここボーソークライマーズウェブサイト、ボーソークライマーズフェイスブックページ、ちばとぴ!チャンネルで行う。
チェックしやすいところで情報を待っていてほしい。

ムズムズが止まらないって?
それまでひたすら走りこんでおくことだ。

関連するキーワード

ちばとぴ!自転車部チャンネル

千葉の自転車ライフを楽しむ方々や自転車関連情報をお伝えしていく「ちばとぴ自転車部」。
個人やチームの走行記、ちょっぴり自慢、コース紹介、仲間募集ほか、自転車店やメーカー、団体からの情報を掲載していく予定です。自転車のジャンルは不問、三輪車からロードバイクまで。

こんにちはキュレーターのチーム ツルちばの永井です。
自転車情報は私のフェイスブックでシェアしたものの中からピックアップして「ちばとぴ自転車部」で取り上げていきます。
ぜひ私とお友達に(笑)
https://www.facebook.com/profile.php?id=100008917232162
※タイムラインは「公開」設定にしてくださいね

ツール・ド・ちばの公式応援フェイスブック「チーム ツルちば」もよろしくお願いします!
https://www.facebook.com/teamtourdechiba

ランキング

人気のある記事ランキング

【フォト部】投稿写真ギャラリー 2018夏季(6〜8月)

毎月1名様限定、投稿写真をTシャツに特別加工してプレゼント!