今年も10月の3連休に開催されるツール・ド・ちば。
2016年大会は、東日本復興サイクリング大会CYCLE AID JAPANの趣旨に賛同、参加料の一部(走行距離1km=10円、1人あたり最大1,000円)を福島県に寄付することになったようです。大会名もCYCLE AID JAPANツール・ド・ちば2016に。
今大会のテーマは「日本遺産・北総4都市を巡り、江戸を感じるロングライド」。今も江戸情緒が残る門前町の成田、城下町の佐倉、水運の町の佐原(香取)、港町の銚子を走り抜けるサイクリングコースが設定されています。

ツール・ド・ちば

ツール・ド・ちばをご存知ない方のために少々ご紹介を。
ツール・ド・ちば公式ホームページの大会概要には『全国のサイクリング愛好者を千葉県に迎え、美しい自然と人情あふれる北総路、外房の海岸線・丘陵と田園地帯とバラエティーに富んだ千葉県内を、自らの体力と気力で走ることを目的とし、スピード競技ではなく、交通法規と大会規定を守り、完走した人を賞する大会です。』と書かれています。
そうなんです。ツール・ド・ちばは、競技ではなくサイクリングを楽しむ目的の大会なのです。
初心者からベテランまで、サイクリングが好きな人であれば誰でも参加でき、車種も競技用タイプだけではなく、ママチャリでも参加できます。2,500名前後の方が参加を予定しています。

千葉を走り続け今年11年目に突入

2006年10月に始まったツール・ド・ちば。
今年は10月8日(土)~10日(祝)に開催されます。

過去の大会。

過去大会をスライドショーで。

今年も「チームツルちば」が試走レポート

大会公認応援団「チームツルちば」が、昨年大会に引き続き2016年大会も予定されているコースをこれからちばとぴ自転車部で紹介していきます。

昨年夏、試走を終え帰路中に巻き込まれた追突事故により無念の本大会欠場したチームツルちばですが、今年はぜったいに走るぞ!と少々緊張感を持って走ってるようです。
ただ、昨年にもまして暑いこの夏。
痛いくらいの強い日差し、信号待ちにアスファルトから湧き上がってくる反射熱、それらが影響し汗の出過ぎによる足の痙攣と闘いながらの、汗だく試走レポートになっているようです。
できるだけ客観的な心穏やかなレポートをと心がけているようですが、少々辛口のコメントが入ってしまうかもしれませんとのことです。

申し込みは始まっています

大会申し込みは以下のウェブサイトで。

関連するキーワード

ちばとぴ!自転車部チャンネル

千葉の自転車ライフを楽しむ方々や自転車関連情報をお伝えしていく「ちばとぴ自転車部」。
個人やチームの走行記、ちょっぴり自慢、コース紹介、仲間募集ほか、自転車店やメーカー、団体からの情報を掲載していく予定です。自転車のジャンルは不問、三輪車からロードバイクまで。

こんにちはキュレーターのチーム ツルちばの永井です。
自転車情報は私のフェイスブックでシェアしたものの中からピックアップして「ちばとぴ自転車部」で取り上げていきます。
ぜひ私とお友達に(笑)
https://www.facebook.com/profile.php?id=100008917232162
※タイムラインは「公開」設定にしてくださいね

ツール・ド・ちばの公式応援フェイスブック「チーム ツルちば」もよろしくお願いします!
https://www.facebook.com/teamtourdechiba

ランキング

人気のある記事ランキング