東京オリンピック・パラリンピックに向け、スポーツ熱が高まる中、千葉県にスポーツ界の”超人”が誕生したとか…。その”超人”はどうやら79歳にして、全日本マスターズ陸上競技選手権の3000m競歩でなんと”10連覇”を成し遂げました。

一体どんな方なんでしょうか…。船橋市内の公園でトレーニングをしているとのことなので、会いに行ってきました!

小麦色に焼けた肌に鍛え抜かれた強靭なこの肉体の持ち主こそ、”超人”と呼ばれる船橋市在住の米澤清彦さんです。

競歩を始めたきっかけは、定年退職を控え、何か体を動かさないと考え、地元のウォーキングクラブに入会したのがきっかけとのこと。その後、65歳で全国大会に初出場し、3位入賞を果たしたんだとか。60歳を超え、新たなことにチャレンジするうえに結果まで出してしまうなんてかっこいいですよね。

「負けずぎらいなので必ず優勝する」と決意を新たに、練習を重ね、ついに69歳で全日本マスターズ陸上選手権を初優勝。競技を始めて10年足らずで日本一となりました!

国内外のさまざまな大会で優勝したことから、周囲から“鉄人”と呼ばれるように…。全日本マスターズ9連覇達成時には、船橋市長から“超人”と呼ばれ、「10連覇は必ず成し遂げなければ」と、さらに練習に熱が入ったそうです。

そして、ついに今年、全日本マスターズで優勝を飾り、見事大会“10連覇”の偉業を達成。最年長にして2位と1分以上もの差をつけゴールイン。さらに、全日本競歩と国際陸上も制覇し、シニア競技の”グランドスラム”を成し遂げたのです。

「ここまで競技を続けてられたのは家族や周りの人たちのサポートがあったからこそで、感謝をもって競技を続けたい。次の目標は、マスター80でも優勝すること」と語ってくれました。

新たな目標に向け、チャレンジを続ける米澤さんの活躍に今後も大注目です!

関連するキーワード

FUNABASHI Styleチャンネル

レジャー、グルメ、イベント、特産品など、”船橋”のいろんな魅力を発信しています。
船橋の情報をすべて凝縮したサイト「FUNABASHI Stlye」もどうぞ!

ランキング

人気のある記事ランキング