柏の市民公益活動団体「できる街プロジェクト」は、2020年ローカルテレビで放送予定の「超普通都市カシワ伝説」の声優オーディションを開催することを発表した。

超普通都市カシワ伝説は、実在する柏を舞台に女子中学生と不思議な生き物たちが、柏の魅力を発信する柏のご当地アニメ。

2015年10月にクラウドファンディングで制作を開始し、柏の地域活性化を目的に市民が制作している。
現在は、柏駅や千葉市・木更津市のデジタルサイネージ、YouTubeなどで放送している今注目のアニメだ。

募集資格は「柏に縁があること」

柏のご当地ゆるアニメ「超普通都市カシワ伝説」

柏のご当地ゆるアニメ「超普通都市カシワ伝説」

超普通都市カシワ伝説は、プロのアーティストと一般市民が協力して制作している。

キャラクターデザインは、テレビアニメが決定している「放課後さいころ倶楽部」の漫画家「中道裕大」。
脚本・監督は、フジテレビのドラマなどを手掛ける脚本家「村井真也」。
声優はオーディションで選ばれた新人たち。
そして、地元で働くサラリーマンや学生たちだ。

そんなご当地アニメの面白いところは、「柏に縁のあるメンバー」で制作していること。
今回の募集要項にも「あなたと柏の関係性」と記載されている。

声優オーディション

新キャラクター「鎌谷しの」

新キャラクター「鎌谷しの」

このオーディションは、「書類審査」「音声データ審査」「個別審査」「公開審査」の4ステップで構成されている。

書類審査は、「経歴」「柏との関係性」「志望動機」などの書類から。
音声データ審査は、「課題に対する声」「得意な声」の2つの音声データから。
個別審査は、7月に柏のつくば開成国際高等学校柏校にて、個別にオーディションを実施する。
最終審査は、8月に柏モディ店頭プラザにて、公開オーディションの形で行われる。

これらの4ステップを勝ち抜き、新キャラクター声優の座を得ることが出来るという流れだ。

柏の地域活性化を目指して

声優オーディション

声優オーディション

超普通都市カシワ伝説のプロデューサー楠本慶彦さんにテレビアニメ放送やオーディションについて聞いてみた。

これまで、3年半活動を続け、ついに地上波放送のお話をいただくことが出来ました。
市民で活動しているため、資金はなく、いつもたくさんの方に支えられて、目的としてきた「聖地巡礼化」に少しずつ近づいてきました。

まだまだ力不足なところは大きいのですが、できる範囲で柏にたくさんの人を集めれるそんなアニメにできたら嬉しいです。

3月に実施した前のシリーズの主題歌オーディションでは300名近くの方に見に来ていただけた。
今回は、1日かけた「アニメの日」という形でイベントを計画しているので、柏を訪れて方たちが楽しんでもらえる、そんなイベントにできれば。

そして、今後の柏を盛り上げる一つの企画になればと話していた。

問合せ

電話番号:090-5476-4356
メール:project@dekimachi.com
担当:できる街プロジェクト プロデューサー 楠本 慶彦(くすもと よしひこ)

関連するキーワード

柏のテガちゃんネル

柏のテガちゃんネルでは、柏の市民団体「できる街プロジェクト」や柏の情報を発信するチャンネルです。

できる街プロジェクトは、「他人と協力した自己実現」を目的とした第3の場所(サードプレイス)の企画団体。

コンセプトは「人が増えれば、出来ることも増える」という単純なものの仕組化。企画ごとに団体を分けており、好きな時に自由に行き来ができる仕組みになっています。

現在は、柏市を中心に「ご当地アニメ」「調査活動」「美化団体」「演劇」「地域活性化を目的とした婚活イベント」「引きこもり支援活動」「謎解きイベント」の企画や運営・協力をしています。

ランキング

人気のある記事ランキング