全日本空輸は8日、国際線定期便の就航開始から3月3日で30周年を迎えるのを記念し、同社グループの社員ら約420人が成田空港で人文字をつくり、感謝の気持ちを表しました。

 同社のロゴにも使われている青の制服やコートに身を包んだ社員たちは午前9時45分ごろ、空港整備地区の格納庫に集合。格納庫の屋上付近に上がったスタッフから無線で指示を受けながら、約30分かけて「30thTHANKS」の文字をつくり上げました。

 同社の人文字づくりは10、20周年に続き3度目となります。

関連記事

関連するキーワード

ちばとぴ!編集部チャンネル

ちばとぴ!編集部の公式チャンネルです。千葉情報のまとめの他、編集部オリジナル記事、編集部からのお知らせなどを配信いたします!

当サイトの事務局的な動きもしております。

ランキング

人気のある記事ランキング