球界初の売り子アイドルグループのマリーンズカンパイガールズが4月4日の本拠地開幕戦より8月31日の試合までの本拠地主催ゲーム59試合でメンバー4人合計3万5000杯のビール売り上げを記録しなければ解散となる企画にチャレンジをしている。

 現在41試合を消化して2万2396杯の売り上げを記録。残り18試合で1万2604杯の売り上げが必要だ(1試合一人あたり175杯の売り上げが必要)。

 マリーンズカンパイガールズリーダー今井さやかさんは「いよいよ私たちのチャレンジ企画も正念場をむかえています。厳しい数字が現実としてはありますが、これから夏本番でビールの美味しい季節なので、精いっぱい頑張ります。そして最終日の8月31日はビール半額デーもありますので夢を諦めずに頑張ります!それでは最後に、ウ~グビグビ。マリーンズカンパイガールズです!」と悲壮感を漂わせながらも元気にコメントした。

 7月18日に行われたビール半額デーでは今井さやか 476杯、宮崎佑希 315杯、中村葵 244杯、畑内寿理 190杯とメンバー4人が奮起し一日で1000杯以上の売り上げを記録。正念場となる真夏の巻き返しに注目が集まる。

気合を入れるマリーンズカンパイガールズ

気合を入れるマリーンズカンパイガールズ

関連するキーワード

千葉ロッテマリーンズ チャンネル

「千葉ロッテマリーンズ」の公式チャンネルです。マリーンズ広報担当が最新情報をお届けします。

ランキング

人気のある記事ランキング

【カメラ部】投稿写真ギャラリー 2017ー18冬季(12〜2月)

毎月1名様限定、投稿写真をTシャツに特別加工してプレゼント!