超普通都市カシワ伝説のイラストがローソンプリントに登場!

超普通都市カシワ伝説のイラストがローソンプリントに登場!

11月13日、柏のご当地アニメ「超普通都市カシワ伝説」のイラストが、ローソンプリントで販売開始した。

超普通都市カシワ伝説は、市民が制作している柏のご当地アニメ。
実在する柏を舞台に女子中学生と不思議な生き物たちが、柏の魅力を発信するシュールギャグアニメで、柏市の地域活性化を目的に制作をしている。
柏駅前だけでなく、千葉市や木更津市のデジタルサイネージでも放送している注目のアニメだ。

イラストを担当したのは、我孫子生まれの柏市で活動する藤咲さん。
今回のイラスト制作や藤咲さんについて話を聞いてみた。

女子中学生らしさと夏

8月の展示イベント

8月の展示イベント

2018年8月、超普通都市カシワ伝説の展示イベントが開催された。
本イベントは、アニメの制作開始から約3年が経ち、これまでの活動を振り返るというコンセプトで行われた企画である。

展示イベントは、柏市にあるカフェ「YoL Café Frosch」で開催。
カフェを訪れた人を迎えるウェルカムボードとして、本イラストが作成された。

テーマは、「女子中学生らしさ」と「夏」。
プリクラ風のイラストにした。
夏の青空は、カフェを訪れた人に癒しの時間を提供したという。

絵を描くことが好きになったのは、誰かに喜んでもらえたから

幼少期の藤咲さんは、絵に特別興味があったわけではなかった。

絵を好きになるきっかけは、高校の文化祭。
藤咲さんは、文化祭のイラストを頼まれ、文化祭用のイラストを描くこととなった。

とても悩んで、作成したイラストは、好評を得た。
担任の先生からは、「とても素敵なイラスト。藤咲さんに頼んでよかった。」と褒められたという。

そのとき、「自己満足でなく、誰かに喜んでもらうためにイラストを描くことはとても嬉しい」と感じ、イラストの勉強をするようになった。

これまでは、自己満足のために描くイラストばかりだったが、相手に喜んでもらえるイラストはどんなものだろうかと考えるようになったという。

柏はワクワクする場所

柏駅前の街頭サイネージで放送中

柏駅前の街頭サイネージで放送中

藤咲さんは、我孫子市で生まれ育った。
学生時代は、柏は藤咲さんにとって大都会。
電車で来るときはいつもワクワクしながら訪れたという。

社会人になり、柏に住み始めてからは、これまでと違う柏の魅力を感じ始めた。
柏市は、とても便利だけど、ゴミゴミしていない。
都会の便利さも持ちつつ、自然もあって癒しの空間も多い。
街の雰囲気が明るくて、とても住みやすいと感じたという。

趣味は、映画を観ること。
柏駅近くにあるキネマ旬報シアターがお気に入りの映画館だ。

「自分にできることで、柏の力になれたら。」
藤咲さんは、笑顔で話をしていた。

ローソンプリント

全国のローソン(一部店舗を除く)マルチコピー機で利用できるコンテンツ。
プロマイド・楽譜・住宅地図・競馬新聞・過去の新聞などのサービスメニューが、豊富にそろっている。

欅坂46やももいろクローバーZなどのアイドル、イナズマイレブン・サンリオキャラクターなどのアニメ・ゲームのプロマイド・ペーパークラフトなどを購入することが可能だ。

問合せ

電話番号:090-5476-4356
メール:project@dekimachi.com
担当:できる街プロジェクト プロデューサー 楠本 慶彦(くすもと よしひこ)

柏のテガちゃんネル

柏のテガちゃんネルでは、柏の市民団体「できる街プロジェクト」や柏の情報を発信するチャンネルです。

できる街プロジェクトは、「他人と協力した自己実現」を目的とした第3の場所(サードプレイス)の企画団体。

コンセプトは「人が増えれば、出来ることも増える」という単純なものの仕組化。企画ごとに団体を分けており、好きな時に自由に行き来ができる仕組みになっています。

現在は、柏市を中心に「ご当地アニメ」「小演劇部」「美化団体」3つの団体が活動中。

ランキング

人気のある記事ランキング