上総掘りは、千葉県上総地方に豊富に自生した孟宗竹や真竹などを活用した伝統的な深井戸掘りの工法です。
竹ヒゴやクサビ、スベル、竹樋など竹を使った道具が数多くある中でも、日々の掘削で大きな役割を果たしているのが、親方(掘り手)の頭上の「ハネギ」です。

小櫃川流域の鶴岡方式では、2本の真竹(約7m)を主柱に渡して、竹がしなるバネの力で鉄管の重さを支えます。
丸太で足場を組んだ後、地上7m程の高さで上の1本を主柱に固定。
下の1本は、両サイドで上の1本とロープで結わえられ、「弓式」とも呼ばれます。
下の1本の中央から下ろしたロープの先に、樫の木のハンドル「シュモク」を固定し、井戸孔に竹ヒゴ~掘り鉄管を上下させる際、人間は掘り鉄管の先につけたツメやサキワが孔底に当たるまで押し下げるだけ。
上げるのは、頭上のハネギのしなりで自然に上がってくれます。
掘り鉄管は直径10cmで約30kg、なかに掘り屑がたまっていくとかなりの重さになるため、これを人間の力だけで長時間動かすのはかなりの重労働。
しかしハネギのおかげで、掘削作業自体は幼児や女性でも気軽に体験することができます。

柔軟性や縦方向の引っ張りへの強さなど、竹という素材の特徴をフルに生かし、少人数・簡易な足場で数百mもの掘削を可能にしているのです。

関連する記事

サポステで「働くための一歩」を踏み出そう

ちば南東部サポステのご紹介!


   さぽすてnantoチャンネル

週刊ちばにっぽう 2016/03/12-03/18

3月12~18日の千葉日報オンライン掲載記事の中から、反響のあった記事、おすすめの記事などをご紹介します。


   千葉日報チャンネル

関連するキーワード

上総掘りチャンネル

袖ケ浦市郷土博物館に拠点を置き、国指定の重要無形民俗文化財に指定された「上総掘りの技術」の技術保持団体である「上総掘り技術伝承研究会」と、技術保持者である3代目・井戸掘り職人の鶴岡正幸がお送りする、上総掘りのお知らせチャンネルです。
千葉県の上総地方で誕生した伝統的な手掘りの深井戸掘り工法「上総掘り(かずさぼり)」。少人数の人力だけで、重機や電力を使わずに数百mの深さまで井戸を掘ることができるこの技術で、かつて新潟の油田や別府温泉なども掘られました。
現在では水不足に苦しむアジアやアフリカ諸国で、上総掘りの技術を活用した支援や国際交流を行う事例が増えています。
当会でも年に2回、JICAつくばセンターから海外の土木・治水系省庁の職員らを対象に、上総掘りの掘削体験と見学ツアーを受け入れています。
現在、モーレツにメンバー大募集中!
見学やお問い合わせはetofumiya●r8.dion.ne.jpまで。
※●は@(アットマーク)

ランキング

人気のある記事ランキング

【カメラ部】投稿写真ギャラリー 2017ー18冬季(12〜2月)

毎月1名様限定、投稿写真をTシャツに特別加工してプレゼント!