千葉ロッテマリーンズはZOZOマリンスタジアムで行われる7月7日、16日、17日、18日、8月31日、9月1日、2日のホームゲーム7試合において「MAKUHARI SUMMER STADIUM」と銘打った企画を実施し、様々な夏のイベントを行う事を発表した(イベント詳細は決まり次第、発表)。なお、この7試合ではサーフブランド”BILLABONG(ビラボン)”デザインによる夏・海・トロピカルな雰囲気あふれるサマーユニフォームを着用して試合を行う。

 マリーンズがサマーユニフォームを起用するのは1998年のノースリーブデザイン以降20年ぶりとなる。なおこのユニフォームは8月3日、4日、14日、15日、16日、28日のビジター6試合でも着用する。

 イベント担当者は「海沿いに本拠地を構えるマリーンズならではの斬新なユニフォームが完成しました。大胆にあしらわれた総柄は海岸線に咲いている植物パンダナスからインスピレーションされたボタニカル柄を採用しています。このサマーユニフォームで、2018年夏を熱く盛り上げていきたいと思います!!」と鼻息荒く語った。ユニフォームを試着した藤岡裕大内野手も「第1印象は鮮やかだなあということでした。雰囲気的にも涼しそうですし、これを着用して試合を行うのが今から楽しみです」とコメントしている。

 千葉ロッテマリーンズが事業の目玉として打ち出すサマーフェスタが今、球界で注目を集めている。

サマーユニフォーム表

サマーユニフォーム表

サマーユニフォーム背中

サマーユニフォーム背中

イベントロゴデザイン

イベントロゴデザイン

関連するキーワード

千葉ロッテマリーンズ チャンネル

「千葉ロッテマリーンズ」の公式チャンネルです。マリーンズ広報担当が最新情報をお届けします。

ランキング

人気のある記事ランキング

【フォト部】投稿写真ギャラリー 2018夏季(6〜8月)

毎月1名様限定、投稿写真をTシャツに特別加工してプレゼント!