9月になりました。
というか、もうすでに半ば!??ひゃーっ、
本当にあっとも言わないままにもう年末か?という勢いで、
夏が通り過ぎていきます。

「今年の夏はどこへいったやら?」と、
そそくさとちょっと憂いながら涼しい夏休みを過ぎ、

「あ、ちょっと忘れちゃってたんでちょっとだけっ」と、
梅雨明けからのじっとり重たい雨の8月。

「夏らしいことしてないんですけど〜(怒)」と、
日本中のみなさんのため息がこだまして今更の暑さの今日このごろ。

みなさん、いかがお過ごしでしょうか?

先日、いすみの山の中を抜けて館山に向かうときに、
ダムがすっかり枯れているのをみてびっくりしました。
前に見たときはみどり色の水をたっぷりとたたえていたのにと。

それこそ、時節的には「秋の空と女心」な感じなのでしょうか?

さてさて、何回かにわたってご紹介してきました、
イダセイコの夏と海と音楽の企画“SHARE THE 3S”も
8月開催の2回を無事に終え、残すところあと最終回となります。

最終回は、
9月23日(祝)館山“渚の駅たてやま”のみとなっています。

たてやまのうみ

たてやまのうみ

なんとも自由なちぎれ雲。
ゆっくり空を泳いでいるみたい。

空の青も、海の水面の青も違う青なんだなぁ。

↑コチラの写真はなんとも絵画のような館山の海。
7月に館山 “渚の駅たてやま”を訪れた際にスマホで撮った写真なのですが、
2017年の夏の海ショットイダセイコ杯では(笑)ダントツの1位、
今年の夏の私のお気に入りの写真になっています。

“渚の駅たてやま”は本当に海がすぐそこ。
私がライブする展望デッキは屋外で、まさにこの写真のような海をみて、
潮風に吹かれながら、音楽を楽しめる感じです。

当日は併設の“なぎさ食堂”のメニューをライブ開催時にも、
一緒に楽しんでいただける予定になっています。

右手にある桟橋から出る観覧船は沖へ出て、風の中へ。
船内ではガラス越しに、海底の様子やサンゴ礁、魚たちも見られます。
間近に泳ぐ魚たちに、興奮していたのは私だけじゃないはず。
本当に素敵な場所なのです。
ぜひ、みなさんにも体感して欲しい、圧倒的な海を。

SHARE THE 3S 2017  イベント概要

SHARE THE 3S 2017  イベント概要

8/2発売のイダセイコのメジャーデビューアルバム「うたたねうた」に収録の“想い出の海”になぞらえて、ふるさと千葉の海とともにイダセイコの海風薫るライブで、2017年夏の想い出を一緒に過ごしましょう♪という企画。

SHARE THE SEA / SHARE THE SONG / SHARE THE SUNSET

大好きなふるさと千葉の海を巡ります。海・空・風・光・イダセイコ。
今年の夏の想い出を一緒に創りましょうという企画。

少し出だし送れてしまったのですが、今回の企画、
地元千葉のbayfmの後援をいただき、ただいま電波に乗せて、
私の曲「想い出の海」と共に告知されています!!!!!

この企画を考えた時、私の中で

「bayfmから流れる“想い出の海”を聴きたい!」

という思いがあって、それが現実になりました。
ランダムに1日何回か流れているそうなので、
その瞬間に遭遇したあなたはいいことあるかも?笑
なんてね。ふふふふ。

SHARE THE MEMORY 銚子/千葉を振り返ってみました。

8月26日(土)銚子 地球の丸く見える丘展望館
8月27日(日) 千葉 千葉ポートタワー

たしかこの8月の週末も台風かなにかが接近していて、
お天気が心配されていましたが、泣き出しそうだった空も、
なんとかこらえてくれて、両日とも夕焼けの中のライブを、
たくさんのみなさんの笑顔に包まれて行うことが出来ました。

8月26日(土)銚子地球の丸く見える丘展望館の様子

ドローンと私

ドローンと私

銚子の朝は開館前に現地に到着。
展望デッキからドローンを飛ばして、
銚子の景色を撮影しました。

遠くかすむ屏風ヶ浦、犬吠埼、
海や空を余すところなく堪能しました。

ギターと空と私

ギターと空と私

2006年のデビュー当時はアコースティックギター
(フォークギター)を使っていました。

今は海のうたを歌うイメージでガットギター
(クラシックギター)を使っています。
やさしい響きで、
どこか風を含んでいるようなそんな気がします。

展望館の中心でナニカ叫ぼう!?

展望館の中心でナニカ叫ぼう!?

屋上展望デッキの中心にある、このまあるい地図の上に立って、
声をだしてみると、
カラオケのエコーがかかったような不思議な感覚に包まれます(笑)

同行していたTHE・音響さんに話を伺ったところ、
屋上デッキの作りの特徴で音が等しい速度で反射して、
ちょうど円形のデッキの中心部に当たるこの場所に立つと、
エコーがかかったような響きになるそうです。

8月27日(日) 千葉 千葉ポートタワーの様子

はじまり

はじまり

ライブ開始のころ。
ちょうど夕日のオレンジで開場もしっとりと柔らかな光が注いでいました。
ライブと共にライブペインティングも始まりました。

たどりついた絵

たどりついた絵

最後にたどり着いたのがこの作品。
育色さんの絵は本当に可愛くてあたたかい。

一曲うたうごとに変化していくアートワークに、
見に来てくださったみなさんも食い入るように見入っていました。

idastagram(イダスタグラム)はじめました笑

idastagram(イダスタグラム)はじめました笑

今回の企画では想い出づくりというキーワードがあって、
それを期に、会場のみなさんとの笑顔の写真をたくさん撮りたいため、
デザイナーの友人に頼んでボードを作ってもらいました。

是非、これを見ているアナタも一緒にイダスタグラムはじめましょう笑

(イダセイコのインスタグラムは「idaseiko」で検索してみて下さい。)

笑顔がいっぱい

笑顔がいっぱい

イダスタグラムをはじめてから改めて、
出会いについて深く考えるようになりました。
私の小さなスマホの中に、たくさんの笑顔の写真が
詰まっているとなると、なんだかそれだけで、
ポケットの中がほんわかあったかいような気がしています。

関連する記事

関連するキーワード

イダセイコチャンネル

千葉県は九十九里白子町出身の千葉っ子シンガーソングライター。
この夏、待望のミニアルバム「うたたねうた」でメジャーデビュー。
現在も千葉県在住で千葉県中心に精力的に活動中。
とくに大好きな千葉の海や風、花や緑、青い空やきらめく星空を歌っています。

そんな音楽とイダセイコの日々を綴ります。

ランキング

人気のある記事ランキング

【カメラ部】投稿写真ギャラリー 2017ー18冬季(12〜2月)

毎月1名様限定、投稿写真をTシャツに特別加工してプレゼント!