「かいそう」とは?

千葉県外房地域の郷土料理「かいそう」

千葉県の外房地域などの郷土料理で、正月祝いに欠かせないと言われる「かいそう」をご存知ですか。

かいそうとは、スーパーなどで販売されている乾物で海藻のコトジツノマタを煮溶かして、羊羹のように型に流し入れ固めたもので、海苔やかつお節をかけ、醤油をたらして食べます。

「かいそう」作りにチャレンジ!

東金市などでお茶や海苔を販売する西川園の「本海藻」のパッケージに書かれたレシピをもとに、かいそう作りにチャレンジしてみました。

約50グラムの乾燥したコトジツノマタ

まず、50グラムほどの乾燥したコトジツノマタをザルやボウルに開けます。袋を開いた途端に、ふわっと磯の香りがします!!

コトジツノマタの形

開けたコトジツノマタを水洗いし、汚れを落とします。

ゴワゴワして硬いコトジツノマタですが、水洗いしているうちに水分を吸って柔らかくなってきます。

ゴミを取り除いたら、1~2センチほどの長さに包丁でザクザク切ります。

切ったコトジツノマタはひと晩、水につけておく

切ったコトジツノマタを鍋やボウルに入れ、コトジツノマタが水面に少し出る程度のひたひたの水にひと晩つけておきます。

30分ほど弱火で煮とかす

ひと晩つけた後、汁は捨てずにそのまま火にかけ、煮立ったら弱火にして30分程かき混ぜながら煮とかします。

鍋底に線が引ける程度のとろみで火から下ろす

芯が柔らかくなり、かき混ぜるヘラで鍋底に線を引ける程度のトロトロ状に溶けたら火からおろし、型に流し入れます。

型に流し込む

出来上がり!

固まったら、食べやすい大きさに切る

そのまま置いた状態で、1時間ほどで固まりました。

冷蔵庫に入れ、冷えたら出来上がりです。

好みで青海苔やかつお節、醤油をたらして食べますが、地域によっては、煮とかす時に味付けする場合もあるかもしれませんね。

食感はしんの部分がコリコリとしていますが、とろりとした濃厚な寒天のようです。

味はまさに“海藻”で磯の香りがいっぱい。

苦手な人もいるかもしれませんが、ミネラルやカルシウムなど栄養が豊富で低カロリー。普段の食事に取り入れてもいいかもしれません。

関連するキーワード

海いこ山いこチャンネル

房総の自然や文化を楽しもうよ!!
「海いこ山いこ」チャンネルでは、房総の自然や文化遺産などをめぐります。
子どもと一緒に行く事を考え、優しいハイキングコースの紹介もしてゆきます。
短時間・単独でのプチトリップも楽しいですよ。
女子同士、夫婦やママ友とゆる〜い旅もどうぞ♪

ランキング

人気のある記事ランキング

【フォト部】投稿写真ギャラリー 2018春季(3〜5月)

毎月1名様限定、投稿写真をTシャツに特別加工してプレゼント!