3戦連続の引き分けで、今日こそ久しぶりの勝利を収め、勝点3を重ねたいオルカ鴨川FCはアウェイ・ニッパツ三ツ沢競技場でニッパツ横浜FCシーガルズとの一戦に臨んだ。

前半、風上側から攻めるオルカは試合を優位に進めたいところであったが、前半8分、オルカの左サイドを破られ、クロスをニッパツ・11番 吉田瑞季にヘッドで合わされ、先制を許してしまう。

その後、一進一退の攻防が続き、オルカもチャンスをつくっていくが、なかなか得点は生まれない。そんな中、前半38分、右サイドで得たFKからの流れのゴール前のこぼれ球を5番 松長佳恵がゴール右上に冷静に決め、同点に追いついた。

前半は1-1で折り返す。

同点ゴールを決めるNo.5番松長佳恵選手

同点ゴールを決めるNo.5番松長佳恵選手

後半、オルカは不利な風下側からの攻撃となったが、オルカのプレスが機能し、何度か危ない場面はつくられたものの、オルカのペースで進んでいく。

前半途中から投入した14番 村岡真実に加え、終盤、17番 浦島里紗、20番 土屋佑津季を相次いで投入し、勝ち越し点を狙う。何度かゴール前で決定機をつくったものの、あと一歩のところでゴールは生まれず。

結局そのまま試合は終了し、1-1の引き分けとなった。

得意のドリブルで何度もチャンスをつくったNo.17番浦島里紗選手

得意のドリブルで何度もチャンスをつくったNo.17番浦島里紗選手

終盤投入されたルーキーNo.20番土屋佑津季選手

終盤投入されたルーキーNo.20番土屋佑津季選手

これでオルカは4戦連続の引き分け。

3勝4分0敗・勝点13となり、暫定3位となっている。

次節は5月14日(日) 13:00キックオフ、袖ケ浦陸上競技場にてASハリマアルビオンと対戦する。

袖ケ浦市で行うオルカ初の公式戦で、さまざまなイベントが企画されている。

カモ旅チャンネル

鴨川市観光プラットフォーム推進協議会オフィシャルアカウントです。

ランキング

人気のある記事ランキング

【カメラ部】投稿写真ギャラリー 2017秋季

毎月1名様限定、投稿写真をTシャツに特別加工してプレゼント!