千葉ロッテマリーンズカップ2017千葉県中学硬式野球大会準決勝が8月19日に行われ、第一試合(山桑球場)にて匝瑳リトルシニアが八千代中央リトルシニアを2-0で破り、決勝に進出した。

 匝瑳リトルシニアの先発・宮内陸投手(銚子六中3年)は5回無失点5奪三振の好投。宮内投手は自身の投球を「ストレートが高めに浮きがちだった」と控えめに語る一方、「相手は初球から振ってくるチーム。変化球でカウントを整え、自分の投球でチームにいい流れを持ってくることを意識した」と爽やかな笑顔で振り返った。打っては布施圭亮選手(冨里南中3年)が同点で迎えた2回表、無死一・三塁のチャンスで右前に先制タイムリーを放つなど活躍。「仲間がつないでくれたチャンス。何とか返そうという気持ちで打席に入った」と決勝打の場面を振り返った。

 宮内投手は最後に「今回は今回。次(決勝)は次と切り替えていいピッチングをしたい」と8月28日11時半よりZOZOマリンスタジアムで行われる決勝戦を冷静に見据え力強くコメント。大会初優勝に向けて、匝瑳リトルシニアが燃える。

宮内陸投手(左)、布施圭亮選手(右)

宮内陸投手(左)、布施圭亮選手(右)

関連するキーワード

千葉ロッテマリーンズ チャンネル

「千葉ロッテマリーンズ」の公式チャンネルです。マリーンズ広報担当が最新情報をお届けします。

ランキング

人気のある記事ランキング