石垣島出身の大嶺祐太投手が石垣キャンプ休日となった2月15日、小浜島で唯一の小中学校である小浜小中学校を訪問した。小浜島は石垣島からフェリーで30分。同校は小学生37名、中学生13名が在籍しており、大嶺選手の希望で訪問が実現した。

 「自分が行くことによって、少しでも思い出に残ってもらって、野球やマリーンズを身近になってもらえたらと思った。とても楽しい時間でした」と大嶺投手。

 この日は質問コーナーの他、児童たちとキャッチボールを行うなど、楽しい時間を過ごした。児童たちは「プロ野球選手は本当に大きいなあと思いました。石垣島出身の選手という事でテレビとかで見ていたけど、こうやって実際に会うと、応援したいと思った」と感想を述べていた。

 大嶺投手は来年もキャンプ休日などを利用して離島の学校訪問を行いたい考えだ。

子供たちと集合写真を撮る大嶺祐太投手

子供たちと集合写真を撮る大嶺祐太投手

女子中学生とキャッチボールをする大嶺祐太投手

女子中学生とキャッチボールをする大嶺祐太投手

関連するキーワード

千葉ロッテマリーンズ チャンネル

「千葉ロッテマリーンズ」の公式チャンネルです。マリーンズ広報担当が最新情報をお届けします。

ランキング

人気のある記事ランキング

【フォト部】投稿写真ギャラリー 2018夏季(6〜8月)

毎月1名様限定、投稿写真をTシャツに特別加工してプレゼント!