千葉県市原市南部の里山で、5月14日まで開催中の現代アートの祭典「いちはらアート×ミックス」(以下、アートミックス)のレポート第7回目は、月崎エリアの「森ラジオ」と「いちはらクオードの森」をご紹介します。

自然と人をつなげる駅「森ラジオ」

「森ラジオ ステーション×森友会」を制作した美術家の木村崇人さん

小湊鉄道・月崎駅のすぐそばに、2014年の第1回目に作られた美術家の木村崇人さんによる「森ラジオ ステーション×森友会」(以下、森ラジオ)が、今回もオープンしています。

森ラジオは、かつての小湊鉄道の詰所だった小屋を改装し、60種類以上の山野草や苔で覆った、人を自然に導く“ステーション”。

前回から約3年間、地域の人がボランティアグループ「森友会」をつくり、植物の手入れなど維持管理をしてきました。

美術家の木村崇人さんによる「森ラジオ ステーション×森友会」

小屋の中には、ヘッドホンがつながった昭和を感じさせるラジオが3つ設置され、白鳥の森、あそうばらの森、他県の森の3か所の音をライブで聞くことができます。

他県の森の音は、週替わりで場所が変わるそうで、岐阜県や高知県、宮崎県なども予定されています。

また、室内にはスピーカーで白鳥の森の音が流れていました。鳥の声や森を流れる風の音に、時おり混ざるジェット機や自動車の音のコントラストも、作品のひとつと言えそうです。

この小屋には、自動で壁や屋根の植物に散水のできる配管や、屋上の風見鶏と連動する室内の鳥のオブジェなど、さまざまな仕掛けがあります。

また、天井にある窓のひとつが偏光ガラスになっていて、晴れた日の午前中、室内に虹が現れます。

天井の偏光ガラスによって、晴れた日の午前中によく見られる虹

木村さんは、この作品を制作するにあたり、いくつかの候補地をあげたそうです。その中から自然とつながるステーションという意味にぴったりの、月崎駅前にある詰所小屋を選んだそうです。

20年以上も使われていなかったため、周囲の草が伸び放題で天井に穴があったというこの小屋。

木村さんの手によって息を吹き返し、森友会の活動のもと、2014年から3年経った現在も、多くの人を自然とつなげる役割を果たしています。

まるで時が止まったようにも感じるこの空間を、味わってみてはいかがでしょうか。

鉄廃材の巨大な「地熱の扉」

いちはらクオードの森に展示された小沢敦志さんによる作品「地熱の扉」

月崎駅からレンタサイクルで7分(徒歩約20分)のところに、「いちはらクオードの森」があります。

この森の屋外展示作品は2つ。

その一つが、アーティストの小沢敦志さんによる作品「地熱の扉」です。

IAAES(旧里見小学校)の昇降口をリノベーションした小沢敦志さんの制作スタジオ

小沢さんは、2013年の冬からIAAES(旧里見小学校)の昇降口を制作スタジオとしてリノベーションし、構想を練り、制作をしてきました。

市原市内で、作品の材料となる日用品や産業廃棄物などの鉄の廃材を集めて解体し、スタジオの設備を使って、熱してひたすら叩き、のばす作業を繰り返し、さび止めを塗るという作業を経て、パーツが出来上がりました。

小沢さんは、昨年10月頃から、IAAESに泊まり込むなどして、集中して制作に取り組んだそうです。

展示会場のクオードの森で組み立てて溶接し、塗装。幅約7メートル、高さ約2.7メートル、奥行き約3.5メートルもの巨大な鉄の作品が出来上がりました。

さまざまな鉄の廃材が使われている「地熱の扉」

小沢さんはこの作品について、「地熱の扉とは、人工物と自然物、あるいは過去と未来の境界に立つ、一枚の鉄扉である」と説明しています。

もともと自然物だったが、熱せられて“道具”に加工された鉄。小沢さんによって、作品にすべく真っ赤に熱せられ、叩き続けられて、単なる物質でない、歴史を背負った新たな命を吹き込まれたのではないでしょうか。

この作品の鑑賞は300円で、パスポートがあれば無料です。

小沢さんによるワークショップ「ぺちゃんこマグネットをつくろう!」が5月4日と5日、「アルミの雫を作ろう!」が5月13日と14日に開催されます。

木材の喜び表すチェーンソーアート

いちはらクオードの森に展示されている栗田弘武さんによる彫刻「田舎暮らし 陽だまりの庭にて」

関連する記事

房総コラボしに行こうぜ!!その1

112店舗参加している房総コラボ。ゴールデンウイーク2日目に参加して来ました!是非千葉へ遊びに来て房総コラボ…


   千葉県住みます芸人チャンネル

関連するキーワード

ちばとぴ!編集部チャンネル

ちばとぴ!編集部の公式チャンネルです。千葉情報のまとめの他、編集部オリジナル記事、編集部からのお知らせなどを配信いたします!

当サイトの事務局的な動きもしております。

ランキング

人気のある記事ランキング