坂本:年間総合優勝もアジア人初の快挙ということで。ああいう飛行機レースを浜でやってもらえることが、千葉市としては大きいです。

松島:大変だったみたいですよ。ぎりぎりまで開催できるか分からなかったようで。千葉市だけでなく、航空法の関係で国土交通省、無線関係で総務省、それぞれの許可が必要。

坂本:記者会見でも(主催者は)「来年もやりたいです」とは言うけれど、「やります」と断言はしないので、色々あるんだろうなと。

司会:ちゃんと「千葉大会」と言ってくれることが良いですね。東京大会ではなく。

松島:それは強く主張したので。

坂本:(今年の千葉大会は)本当に最後まで誰が勝つか分からなくて、室屋選手自身も「ラッキーが重なった」と仰っていた。来年の(幕張メッセで開催の)「東京オートサロン」で、室屋選手の飛行機のレプリカ展示と、トークショーが予定されているそうです。

千葉みなと、にぎわいの行方は!?

司会:では、「ちばみなと.JP」も2位に行きましょう。

平澤:「千葉市内で商業施設が続々オープン」が2位なんですが、千葉みなとの住民目線です。JR千葉駅周辺ではなく、屋外型のショッピングモールのようなものがとにかくいっぱいできたんです。思いつくだけでも、「ピアシティ稲毛海岸」「Skip天台」「ベイフロント蘇我」など。

司会:どういう施設ですか?

平澤:何て言うんでしょうね、ああいうモールのことを。屋外型で、広い駐車場があって、周りに平屋の建物が並んでいる。

坂本:ピアシティ、夜遅くまでスーパーがやっているんですよね。びっくりしました。

松島:消費者は家族連れで車で買い物に行くようになった。昔の百貨店と言われるものは、駅近で電車やバスなど公共交通で来るところだったが、消費動向が変わってきて、元に戻すのは難しいですよ。

坂本:千葉そごうが強いのは、大きな駐車場を持っているんです。皆さん車で来る。

松島:郊外型商業施設と同じ性質を持っている。でも、ネットショッピングもあって厳しいですよね。

司会:わざわざ行く価値、ベネフィットを作らないといけないですね。

松島:「Skip天台」は、かつてJRの団地があった場所。JRが底地を持ったまま、関連会社に建物を作らせ、テナントを入れている。JR東日本は遊休資産を便利なところに持っている。

司会:駅にめちゃくちゃ近いか、車で行ける、あるいは両方のところしか厳しいということですね。ペリエ千葉は駅に直結しています。

松島:でも、JR千葉駅が(昨年新装)オープンしてから、客を駅に取られると文句は出ているけれど、周辺の通行量は増えていて波及効果は絶対にある。それをどうつかむかの勝負になる。

「ちばとぴ!チャンネル」の荒牧編集長。12月に千葉ジェッツふなばしを応援するニュースアプリ「ジェッツPRESS」をリリースし、ジェッツ取材にも熱中

平澤:あと、もう1つあるのが(「千葉ポートスクエア」の)ポートタウン。

司会:さっき(座談会開始前に)話題になったんですよ。平澤さんが来る前に。シアターが千葉日報の一面にもなっていて。

坂本:(ポートタウン内の新設劇場)ポートシアターで「ギア」の公演が始まりました。

平澤:昨年は(旅客船ターミナルなど複合施設の)「ケーズハーバー」がオープンしましたが、観光寄りでおしゃれになっている施設は、千葉みなと住民からするとどっちつかず。住民は行かないし、かといって観光客が多いわけでもない。

司会:ケーズハーバーは期待感ありますけどね。

平澤:そんな中、ちょうど今月、ポートタウンがリニューアルして(百円ショップの)ダイソーなどが入って、地元民に寄ってきたかなと。そういう改善をしていくと、にぎわってくるのかなと思う。

坂本:オープン時の印象は、ちょっと座って家族を待つような場所がゼロだったんです。カフェやラーメンを食べる場所はないの?って。

平澤:入っている店はビュッフェとかばかり。先日昼間に行ったら、ポートタウンとポートアリーナの間で、車で来るケータリングの店が大行列になっていました。

坂本:(ポートタウン内に家電量販店の)「ラオックス」ができて、インバウンド、インバウンドと言っていたけど。

平澤:(リニューアルで)住民に寄せてきましたよね。

司会:千葉みなとネタで他のニュースを絡めましょうか。「ポケモンGO」が配信から1年経過して、「聖地、今は閑散」という記事がアクセスを集めました。

千葉ポートタワーにレアポケモンが多く出現するとあって「聖地」になっていたんですが、人が多く来すぎて、あえて(ポケスト削除依頼して)閑散にしたんですよね。

平澤:(昨年は)本当に人数がすごかった。新港の工場の方に行列ができてました。

坂本:ポートタワー1階のお店は繁盛したみたいですよ。

松島:(ポケGOトレーナーが)集団で走っているのを、見かけたことがある。

司会:私も取材時に走りましたよ。「カビゴンが出たー!」って誰かが言うと、あとはマラソン状態(笑)。

平澤:皆が(新港の)「山崎パン」工場に向かう(笑)。

坂本:色んな年代の人がいましたね。おじいさんから孫世代まで。

司会:難しいですよね。人が多すぎても困るし、いなくなると寂しい。ほどほどの人数が来て欲しいという都合の良い話はないんですね。

坂本:騒動をきっかけに、クリスマスのイルミネーションとか、広まると良いんですけどね。本当に良い公園だから。

松島:でも、滞在する場所がない。

坂本:ケーズハーバーは?

松島:ポートタワーからあそこまで歩くかなあ。

司会:スポットが散っちゃってるんですよね。

松島:横浜でも神戸でも、食べるのと遊ぶのが、歩く範囲でかたまっているんですよね。

司会:そうなんですよ。行くと「意外とコンパクトだな」と感じる観光地って多いですけど、歩き回るとそれで十分楽しめる。千葉みなとに限らず、千葉市は点と点が離れていますね。

うなりくん日本一に

司会:さて、ちばとぴ編集部的2017年の2位は、ゆるキャラグランプリで、成田市の「うなりくん」が日本一になったことを挙げました。

坂本:前から私が一番好きなキャラクター。

松島:うなぎと、成田だっけ?

司会:そうです。そして、見た目は、うなぎと、飛行機をかたどったキャラクターです。

坂本:いつの間にか1位になっていて。うなりくんは万人受けするんですよ。丸くて。

司会:「チーバくん」も出ていた時に上位には入っていないんですよ。1位は快挙なんです。これから、うなりくんがどうなるのか。あるいは、ゆるキャラグランプリがどうなるのか。

坂本:キャラクターは親しみやすいですよ。(自分は)成田に関係ないけど、気になるし、グッズもすぐ買っちゃう。

司会:キャラクターつながりで、このまま初音ミクに繋げちゃいましょうか。千葉市広報広聴課と千葉経済新聞が、ともに3位に挙げているのが、「千葉市章と初音ミクのコラボ」です。


※<2>に続きます

関連する記事

予想の斜め上を行く異空間が! 柏高島屋「面白いことを」 白黒窓を取材したら三次元だっ…

柏高島屋ステーションモールの外観に見える窓は、なぜ格子状デザインなのか? 突撃取材してきました。


   ちばとぴ!編集部チャンネル

ちばとぴ!編集部チャンネル

ちばとぴ!編集部の公式チャンネルです。千葉情報のまとめの他、編集部オリジナル記事、編集部からのお知らせなどを配信いたします!

当サイトの事務局的な動きもしております。

ランキング

人気のある記事ランキング

【フォト部】投稿写真ギャラリー 2018夏季(6〜8月)

毎月1名様限定、投稿写真をTシャツに特別加工してプレゼント!