【ポートクイーン千葉コラム】

2018ポートクイーン千葉の山田真布香です。

10月2日(火)、台風一過の青空のもと、私は市原市の三井E&S造船(株)千葉工場にて行われた「新造船命名・引渡式」のお手伝いをしてきました。

式典の冒頭に、主賓の方への花束贈呈と、千葉港振興協会から本船の船長に、記念品として「楯」を贈呈しました。

式典は厳かにそして華やかに執り行われ、「EAGLE TRADER」と命名された新船は、華々しいデビューを飾りました。

鳥類最強の「鷲」のように力強く、そしてしなやかに世界で活躍してほしいという願いが込められて命名されたそうです。

本船は全長が約340メートルあり、東京タワー を横に倒したほどの大きさで、名前のとおり、力強さと 視界の限界を超えた迫力に、終始圧倒されました。

船内見学では本船の関係者の方々とともに、厨房・食堂・船長室・操舵室を見せていただきました。所々に船の揺れから守るための工夫が施されており、こうした発見は宝探しをしているようで楽しかったです。

最後は『蛍の光』の曲にのせて、式典に参加された方々と造船所社員さんと一緒に、私も旗を振りながら本船の出帆見送りを行いました。

千葉県には、小型船から日本を支える大型船まで沢山の船が航行していますので、ぜひ皆様も千葉港の船を見に足を運んでみてくださいね!

関連するキーワード

ポートクイーン千葉チャンネル

ポートクイーン千葉は、千葉港の”親善大使”として各種の公的行事に参加し、千葉港そして千葉県のイメージアップを図っています。

ランキング

人気のある記事ランキング