千葉みなとを歩いてみよう!

千葉市の「うみまち」としての魅力を発信すべく、私たちDropsは6月下旬にまち歩きを行いました。今回は千葉みなとエリアを歩いたときの様子をご紹介します!

「千葉みなと」というとJR京葉線や千葉都市モノレールの駅名でおなじみですね。ですが、千葉みなと“エリア”ということで広ーくとらえ、京成千葉中央駅から千葉駅方面へ向かって歩きました。

ちなみに、前回配信した蘇我編はこちらです!

千葉みなとの風景

ただ歩くだけでももちろん楽しめますが、今回私たちは「秘密のテーマ」を持ってまちの写真を撮りました。それでは早速見ていきましょう!

マンション横の植栽帯。とても素敵です!

もこもこしていて、何だかかわいらしい!

という訳で、テーマは「植物」。ビルが建ち並ぶ中、まちには緑もいっぱいです。

次のテーマに移ります。緑越しに見るマンション。

続いても緑越しに見る架線。テーマはまた植物…?

今度は建物の隙間から鉄塔がかすんで見えています。


これらのテーマは「もの越しに写真を撮ると良い感じになるのでは?という仮説の検証」。言われてみれば、確かにそうかも!

お次はこちら。水の入ったペットボトルが並べられています。何ででしょう…

NPO法人Dropsチャンネル

■概要

Dropsは、学生が主体となってまちづくりの活動をしているNPO法人です


■「Drops」の由来

Dropsという名前には「しずく」という意味と、
様々な色や味のするキャンディのドロップスという、
ふたつの意味が込められています。

ぽとんと落ちてきた小さなひとしずく。
それぞれが集い、持ち味を生かし、小さなきっかけをつくっていく。
その小さな一粒がきっかけとなり、波紋となって広がっていくことを
イメージしています。


■活動内容

▼ことづくり
まちに新しい価値や動きを生み出す”きっかけ”を作ります。
”きっかけ”がつながることで、まちが少しづつ変わっていきます。

▼ものづくり
まちを楽しくするデザインを実践します。
詳しくはこちら →Dropsのプロジェクト

▼しずく会議
毎週で開催される、非常に濃密な議論の場。
メンバーひとりひとりが知恵を出し合い、仕事をつくり、実践します。
教室では決して分からない、リアルな学びがあります。


あなたも一緒に参加しませんか?

ランキング

人気のある記事ランキング