展示の様子

金谷美術館(富津市)で、31日まで、さかなクン(東京海洋大学名誉博士)の作品を紹介する「さかなクンの夏休み アートdeギョギョギョ」を開催しています。

海の生き物をこよなく愛するさかなクンの描いた様々な魚などのイラストや出版物など約100点を、同美術館敷地内にある別館の「石蔵(※)」に展示しています。

子どもたちに学んでもらいたい! さかなクンの母親が尽力

展示をするきっかけとなったのは、金谷のまちおこしに携わる人を介し、金谷美術館の企画スタッフと、さかなクンのお母さんが出会ったこと。

さかなクンの描く楽しい絵を多くの子供たちに無償で見て頂きたいという美術館の願いをご理解下さり、関係者の皆さまの大きなお力添えを頂く中、急遽、夏休み特別企画として開催することになりました。

さかなクン、めちゃくちゃ絵が上手だギョ!

鴨賊(コウイカ)

さかなクンのイラストは、海の生き物をカラフルで楽しく描き、その特徴を細かいところまで正確に捉えています。

魴鮄(ホウボウ)

真鯛(マダイ)

絶滅種のクニマス発見!もあるギョ!

左上:銀鮫(ギンザメ) 中央:国鱒(クニマス) 右上:くまもと応援色紙

京都大学の魚類学者・中坊教授に頼まれて、絶滅種のクニマスを描くことになったさかなクン。

参考にと送られてきた西湖(山梨県)の類似した魚を観察してギョギョギョ!!!
これは絶滅したはずの本物のクニマスだギョ!と(言ったかどうか分かりませんが)気づき、発見したそうです。

学者さんとして、さかなクンが描いた緻密なクニマスの絵も必見です。

さかなクンからコメントだギョ!

7月20日、サプライズで訪問くださったさかなクンが、その場で描いてくれたイラスト&メッセージ!

さかなクンは、忙しいスケジュールの合間に同美術館に立ち寄り、「ありがとうギョざいます!!」と、テレビで見るままのさかなクンに、居合わせた人たちは大感激!

そして展示会場に設置しているノートに、コメントを残してくれました!

夏休みも残り少なくなりました。イラストなどの展示を通して、さかなクンから楽しみながら海の生き物について学んでみてはいかがでしょうか。

(※)別館「石蔵」(国登録有形文化財) 金谷美術館敷地内にある明治35年に建てられた房州石で出来た石蔵を、美術作品などを展示できるよう改装し、別館展示室として利用しています。

開催要項

場所:金谷美術館(富津市金谷2146-1)
時間:10時から17時
休館日:水曜日
電話:0439-69-8111
小学生以下入場無料
(展示作品には、複製品も含まれます。)

関連する記事

週刊ちばにっぽう 2016/04/30-5/6

4月30~5月6日の千葉日報オンライン掲載記事の中から、反響のあった記事、おすすめの記事などをご紹介します。


   千葉日報チャンネル

週刊ちばにっぽう 2016/02/27-03/04

2月27~3月4日の千葉日報オンライン掲載記事の中から、反響のあった記事、おすすめの記事などをご紹介します。


   千葉日報チャンネル

上総掘り☆2015年まとめ

年末年始は活動をお休みしています。次の活動日は2016年1月9日(土)以降を予定しています。詳細は上総掘り技…


   上総掘りチャンネル

関連するキーワード

かなにゃんチャンネル

主に「金谷ストーンコミュニティ」の活動についてお届けします。富津市金谷の歴史文化を見直し、多くの人に触れ合い楽しんでいただけるような町づくりをしています。

ランキング

人気のある記事ランキング