館山市の恋人の聖地(千葉日報提供)

館山ロータリークラブが「恋人の聖地」に認定されている館山市にカップル向けベンチ3基を寄贈した-というニュースを見ました。

ベンチは海岸沿いに並び、対岸に見える富士や夕日など刻々と変わる鏡ケ浦の景色を楽しむことができるとのこと。しかも!3基のうち中央のベンチは中央部が低く、カップルが寄り添いやすい形状になっているそうです。

ロマンチックですね。

「恋人の聖地」って?

海岸沿いに設置されたカップル向けベンチ=館山市

ところで、この「恋人の聖地」という言葉。

よく耳にはしますが、一体、誰が聖地認定しているのでしょうか?

実は、「恋人の聖地」というのは、NPO法人地域活性化支援センター(静岡市)が全国で展開しているプロジェクト名で、館山市は「鏡ケ浦から富士の見えるまち」として認定されています。

全国100カ所を超える“ラバーズサンクチュアリ”

公式サイトによると、地域活性化目的のプロジェクトのようです。

2015年6月現在で137カ所認定されています。

ちなみに、プロジェクトへの参画負担金は年間23万円だそうです。高いか安いかは、認定されたことによる経済効果次第でしょう。

恋人の聖地プロジェクトでは、2006年4月1日より、全国の観光地域の中からプロポーズにふさわしいロマンティックなスポットを「恋人の聖地」として選定し、地域の新たな魅力づくりと情報発信を図るとともに、地域間の連携による地域活性化を図っています。

 また、このプロジェクトでは「非婚化・未婚化の進行」を少子化問題のひとつとして捉え、(中略)各地域による様々な活動を通して若い人々のみならず地域社会に向けて「結婚」に対する明るい希望と空気の醸成を図るための活動をしています。

千葉県内は関東最多5カ所!

千葉県内には館山を含め「恋人の聖地」が5カ所認定されており、これは関東地方では最多です。

恋人同士で、千葉の聖地めぐりをするのも楽しいかもしれませんね!

関連リンク

関連する記事

千葉港の親善大使として活躍! 「2016ポートクイーン千葉」募集【BC】

2016ポートクイーン千葉オーディションが開催されます。


   ちばとぴ!ブランドコンテンツ

<小湊鉄道>沿線の桜、幻想的に 市原の5駅ライトアップ

小湊鉄道の沿線で、満開の菜の花に続いて桜が美しく咲き誇り、同市南部の5駅では夜間のライトアップが始まりました…


   ちばとぴ!編集部チャンネル

関連するキーワード

ちばとぴ!編集部チャンネル

ちばとぴ!編集部の公式チャンネルです。千葉情報のまとめの他、編集部オリジナル記事、編集部からのお知らせなどを配信いたします!

当サイトの事務局的な動きもしております。

ランキング

人気のある記事ランキング

1

2015千葉ロッテマリーンズJr 選手名鑑

千葉ロッテマリーンズ チャンネル