千葉ロッテマリーンズの井上晴哉内野手が5月20日、イースタンリーグ・北海道日本ハム戦(ロッテ浦和)にてサイクルヒットを達成した。イースタンリーグでのサイクルヒット達成は14年の桑原(横浜)以来8人目。マリーンズでは04年の喜多隆志以来3人目となる。

 井上は試合後、「サイクルはしらなかった。三塁打は1点ビハインドの九回に試合を決めようと思って打った結果、フェンスに直撃して、隙を見て三塁を狙っただけで、サイクル狙いではありません。ベンチに戻ってきた時に、周りから聞かされて初めて知りました。そもそも三塁打は公式戦初ですよ。打撃の状態はいい。これから、もっともっとアピールしていきたい」と笑顔を見せた。

 この日は4番ファーストでスタメン出場。初回は空振り三振。三回左翼本塁打。五回中越え二塁打。七回左前打。九回右越え三塁打。延長十一回左前打の6打数5安打2打点と大暴れだった。

サイクルヒットを達成した井上晴哉内野手

サイクルヒットを達成した井上晴哉内野手

関連するキーワード

千葉ロッテマリーンズ チャンネル

「千葉ロッテマリーンズ」の公式チャンネルです。マリーンズ広報担当が最新情報をお届けします。

ランキング

人気のある記事ランキング