千葉ロッテマリーンズはZOZOマリンスタジアムに2018年レギュラーシーズンより歴史的本塁打が着地した地点をレガシートとして設置した。

 レガシートとして設置される地点は3カ所で通常は青色のシートからオレンジ色になり、プレートが貼られる。①2017年7月15日。ZOZOマリンスタジアムでのオールスターゲームで初めて千葉ロッテマリーンズの選手が本塁打を打った地点として鈴木大地内野手の本塁打着点(ライト3列387番)。②2017年9月24日の日本ハムとの引退試合で見事、九回に同点2ランを放った地点として井口選手の本塁打着地点(ライト2列624番)。③2017年9月29日のオリックス戦で日本球界10万号本塁打を放ったマレーロ選手の本塁打着地点(レフト8列407番)。

 井口資仁監督は「レガシートとして自分にとっても記念の本塁打をZOZOマリンスタジアムの記念に残していただけて光栄です。今年もレガシートとして残るような劇的な一打をたくさん出せるようなシーズンになればと願っています」と開幕前日に気合を入れ直していた。

レガシートを手にする井口監督

レガシートを手にする井口監督

関連するキーワード

千葉ロッテマリーンズ チャンネル

「千葉ロッテマリーンズ」の公式チャンネルです。マリーンズ広報担当が最新情報をお届けします。

ランキング

人気のある記事ランキング

【フォト部】投稿写真ギャラリー 2018春季(3〜5月)

毎月1名様限定、投稿写真をTシャツに特別加工してプレゼント!