最近はテレビの偏向報道などの話題もあって、インターネットメディアを情報源として活用する人がだいぶ増えてきたようです。YOUTUBEやニコニコ動画などの動画投稿サイトを日常的に利用している人もいることでしょう。
東金の旧街道筋かつて銀行があった場所を活用した施設で、昨年まで棚ショップなどを運営してUBOXという名で親しまれている建物に、このほど待望のローカル・インターネットメディアが開局することになりました。

その小さな放送局の名前は「YASSAWAVE(ヤッサウェーブ)」といいます。行政情報や身近な町の話題をインターネットを活用してどこまでも発信します。また、逆に世界中のなかまとインターネット放送を通じて繫がるいうことで『LOCAL, BUT GLOBAL』という合言葉を掲げて地域を盛り上げていこうというものです。

仕組みは既にインターネットメディアでは実績がある株式会社ワロップ放送局の支局として開設されるもので、WALLOPのチャンネルを使って、運営団体である一般社団法人YASSAWAVEによって毎日手作りの番組が情報配信されていきます。

もともとこの場所は、銀行があった建物で撤退後は「新産業交流プラザUBOX」としてレンタルオフィスや棚ショップ、ダンススタジオ等を運営していました。現在では常設の舞台設備を設けて、市民劇団「辺田方座」のキャストやご当地アイドルYASSA Comachiのステージなどに利用されています。

運営にあたる一般社団法人YASSA WAVEは、今年夏に設立されたばかり。番組の企画から広告営業、制作まですべて自前でてづくりで臨みます。メインパーソナリティをつとめるYASSA Comachi UPPERS’ のNAHOとあさちゃんは、長年このダンススクールを切り盛りする先生たち。ほかにも市民劇団「辺田方座」を構成する役者たち(行政職員・商工会議所職員・郵便局員・私立高校職員など)もさまざまな番組づくりに携わる予定。

市民参加で手作りの番組を作り地元の情報発信をしながら、全国のつながりある地域と中継映像でつなぐ実験的な放送などを日常的に行っていくことにもなっています。

12月5日よりプレオープンして番組作りや運営などの試験的な放送を重ね、1月5日の正式な開局(グランドオープン)を迎えます。いちばん最初のプログラムは12月5日、18時からご当地アイドルのYASSA ComachiやUPPERS'のライブなど3時間の放送を予定しています。
1日のプログラムは、大枠で午前中は行政情報や観光情報、午後はダンスや音楽、趣味の時間、夜はバラエティといった感じで分類され、そこへ各種番組のコンテンツがラインナップされていくイメージです。1か月10,000円のCMスポンサー料で毎日2回よりのCM配信となっている(製作費別)ほか、番組枠を1回30分5000円で購入して自分でオリジナル番組を作ることもできます。

近い将来、YASSAWAVEを活用して地元のバンドが曲を発表したり、高校の演劇部とかの公演をライブ配信したりとか面白いですよね。健康体操やフラワーアレンジメントや郷土史などの講座とかもいいですね。
一般社団法人YASSAWAVE
東金市東金1187-1 0475-53-1291

公式HP http://www.yassawave.com/
一般社団法人YassaWave(Facebookページ)/@yassawave(ツイッター)

街波通信チャンネル

「いつまでも暮らしたいまちづくり」
街波通信社が山武・九十九里の話題をお届けします。

ランキング

人気のある記事ランキング

【カメラ部】投稿写真ギャラリー 2017ー18冬季(12〜2月)

毎月1名様限定、投稿写真をTシャツに特別加工してプレゼント!