オーナーの大原由梨佳ママと筆者

カフェは文化の花開く場所。例えば、花の都パリのモンマルトルにはかの有名な「Le Dôme」というカフェがある。パリが芸術の都として栄えたのは上質なカフェがあったからこそと思う。ぼくの中では、上質なカフェは「まちのえき」なのだ。ひらがなにするのは、町・街・待ちと駅・益・役などの意味を含んでいるからなのだが。

まちのえきでは、毎日楽しいドラマや新しい出会いが生まれてくる。珈琲は主役ではなくBGM。珈琲の醸すアロマや味わいが、人の思考を鎮静させ、脳の働きを明晰にさせる静かな脇役として存在するのだ。そして語らいが盛り上がるのは、珈琲がゆったりとした心の開放感をもたらすからなのだ。今日も粋な店主に出会うために、心のままに放浪に出ようと思う。

デザートも和モダン(写真左) シャンデリアで趣向を凝らした各部屋(写真右)

初秋の金谷は、哀愁が漂う。夏の輝きとは裏腹に合掌館のお客様もなぜか皆さん物憂げなのだ。

そんなお客様のひとりがポツリとささやくように教えてくれた。「魔女の館があってね、そこの珈琲は不思議な味わいだったわ」

その日は、夜半から嵐が通過するという日だったが、居ても立っても居られず、カフェはチハル店長に任せ、風雨の中を飛び出していた。館山道を千葉方面に走り、国道16号線に出た時には、土砂降りの雨と雷鳴がとどろき、魔女に出会うには絶好のシチュエーションになっていた。

瀟洒なたたずまいの魔女の館は、昭和の古民家だった。風と雨は激しさを増していたが、操られるようにぼくは館をノックしていた。びしょ濡れになり、しばらく待つとカタカタと引戸が引かれた。

魔女の館のたたずまいのブルーシャ

「ようこそ、おこしやす」

現れたのは、ブルーシャのオーナーママの大原由梨佳さんだ。京都出身者の独特のイントネーションに江戸もんは誰もが心を奪われるが、ぼくも例外にもれず、耳から魂が奪われてしまっていた。店内を案内されて席に着き、見渡すと、魔女の館は、シャンデリアと和モダンで大正時代のオシャレな空間にタイムスリップしたようだ。

「ここはいにしえの昔、星名という地名で星空が鮮やかに見える場所だったのですよ」

大原さんが、この地でカフェを営む動機になったのは星が見える場所だったからだそうだ。2012年2月14日に開業したという。モチーフは、世界で一番美しい村と呼ばれているイギリスのコッツウォルズ村(はちみつ村)の一角にある魔女の館だ。 神秘的で妖しい大原由梨佳さんの笑顔、自称333歳の魔女なのだそう。

カフェは、個室で仕切られ、和室の赤ちゃんの部屋や大人の個室、青の部屋など用途によっていろいろに利用できる趣向になっている。

雑貨販売もされていて、夜の雨がしとしと降る中、静かに待ち人を待つイメージから「小夜時雨」という部屋の名がついている。コンサートやウエディング、読み聞かせの会など様々な地域のイベントにも利用されているのだそうな。カフェの条件である「まちのえき」が、魔女の館となって、地域に貢献されていることに感動し、魔女の淹れる珈琲をいただいた。窓辺に映る稲妻の閃光に輝く庭もご自身で手を入れ、作られているのだ。

由梨佳ママの手作りの庭

大原さんの魔法に、すっかりはまってしまうぼく。時間が止まる魔法に、このカフェの奥深さを感じていた。京都で修行されたお料理も上品で、舌が溶けてしまう魔法も操るのだ。

「ブルーシャは、昼は精霊、夜は魔女のたまり場になっているのですよ」と話されるママ。過ぎて行く時を忘れてしまう魔法のようなカフェで、すっかり長居をして、帰ろうと引戸をひくと、外の嵐は嘘のように収まり、空には満天の星が瞬いていた。

時空を移動したかのような「時の魔法」の偉大さ、非日常がカフェの魅力の一要因であると悟った。合掌館でも大いに学ぶべきと、「大原魔法学校」に通うと勝手に心に誓っていた。ダバダァ〜。

EDOMONS DATA

カテゴリー:精霊と魔女に出会えるカフェ
店  名:カフェ×ザッカ ブルーシャ
住  所:〒276-0013 千葉県八千代市保品969-2
電  話:047-488-5200
営業時間:11:00 ~18:00(月・水・木) ~20:00(金・土) ~16:00(日・祝) 定休日:火曜日

この記事は、千葉県富津市金谷で営む古民家カフェ「cafe edmonds」のマスターの青山えどもんずが、房総のさまざまなカフェをめぐる放浪記です。
「<第10話>カフェ×ザッカ ブルーシャ 時を駆ける魔女の魔法カフェ」は、2016年9月22日の千葉日報に掲載されました。

関連する記事

関連するキーワード

青山えどもんずの房総かふぇ放浪記チャンネル

千葉県富津市金谷で営む古民家カフェ「cafe edmonds」のマスターの青山えどもんずが、房総のさまざまなカフェをめぐる放浪記です。

ランキング

人気のある記事ランキング

【カメラ部】投稿写真ギャラリー 2017秋季

毎月1名様限定、投稿写真をTシャツに特別加工してプレゼント!