宮崎県内の社会人チーム出身者のプロ入りも初

 千葉ロッテマリーンズはドラフト6位指名の信樂晃史投手と宮崎市内のホテルきよ武にて契約を行った。背番号は新入団会見にて発表予定となっている。

 同投手は自動車教習所の教官を務めている事から話題となっており、自動車教習所の教官からのプロ野球入りは初。また、宮崎県内の社会人チーム出身者のプロ入りも初だ。

契約会見でピースをする信樂投手

モットーは「ハツラツさ」「元気よさ」「明るさ」

 信樂は「自動車学校の教官として生徒と接する上でのモットーとしていたのはハツラツさと、元気よさと、明るさの3つ。プロの選手になっても、同じでファンに笑顔を提供していければと思っています。教官として携わってきたこの1年間で、沢山の方と出会い、お話をすることが出来た。この教習所の卒業生がいつの日か『このマウンドで投げている選手に運転を教えてもらったんだよ』と言ってもらえるような存在になりたいと思っています」とコメント。

 普段は一つの授業で100人ほどの生徒たちに講習も行っている事もあり、ハキハキとした口調で答えた。

ロッテのガムで好きなのは「ブラックブラックガム」と話す信樂投手

 また、報道陣から「好きなロッテのお菓子は?」という質問には、「ロッテのガムで好きなのはブラックブラックガム。安全運転には眠気スッキリの、このガムが一番だと思います」と自動車教習所の教官らしい返答。プロの世界で活躍することで、安全運転のメッセージを送り続けていく。

関連リンク

関連する記事

関連するキーワード

千葉ロッテマリーンズ チャンネル

「千葉ロッテマリーンズ」の公式チャンネルです。マリーンズ広報担当が最新情報をお届けします。

ランキング

人気のある記事ランキング