幹線道路に面した2棟の賃貸住宅。通り過ぎてから思わず二度見してしまうのは、マンション名のインパクトに他ならない。目立つ壁面に堂々と「うれし荘」「たのし荘」=写真。

 船橋市・夏見地区に40年以上前、モルタル造りの賃貸住宅を建てた時のネーミングを、およそ15年前に建て替えた後も継承。「サンルーム」なんて小じゃれた空間を抱える今風のマンションなのに、ギャップがいい。

 「ネットに載った入居者募集を見て、ネーミングで決めた人もいるんだよ」。大家の矢野明夫さん(52)がいたずらっぽく笑う。そうか、この名称、住民も気に入って荘(そう)。

関連リンク

関連する記事

鴨川市「清澄ユリの里」フォトコンテスト開催!

【入賞賞品】 ・金賞:商品券10,000円相当(1名様) ・銀賞:商品券5,000円相当(2名様) ・銅賞:…


   カモ旅チャンネル

関連するキーワード

千葉日報チャンネル

おなじみ地元新聞「千葉日報」のチャンネルです。ちばとぴ!向けにピックアップした記事をご紹介します。

ランキング

人気のある記事ランキング

【カメラ部】投稿写真ギャラリー 2017ー18冬季(12〜2月)

毎月1名様限定、投稿写真をTシャツに特別加工してプレゼント!