千葉ロッテマリーンズはALL for CHIBAデーとして行う6月14日の中日戦(18:00試合開始、ZOZOマリンスタジアム)にて「習志野市」のロゴを右袖に掲出して試合を行うほか、当日は昨年に引き続き習志野市立習志野高校吹奏楽部が来場し、マリーンズの応援に参加することが決定したことを発表した。

 ALL for CHIBA習志野デー特別企画として行うこの日は、習志野市立習志野高校吹奏楽部が当日の試合前セレモニーで国歌演奏を行うほか、試合中はマリーンズの応援に特別参加する。習志野高校吹奏楽部は、通常の応援団パフォーマンスエリアとは別にホーム外野応援指定席に設置する特別応援パフォーマンスエリアにて活動する。特別応援パフォーマンスエリアは応援団パフォーマンスエリアと同じルールを適用し、習志野高校吹奏楽部は当日限定の特別応援および楽器等使用許可を受けて活動する。

 習志野市立習志野高等学校吹奏楽部 顧問 海老澤博先生コメント「昨年に引き続き今年もALL for CHIBA習志野デーにて千葉ロッテマリーンズ応援団とともに応援をさせていただくことになりました。本校吹奏楽部にとって昨年の経験はとても大きな財産となり、今の演奏活動につながっています。昨年は本校出身の福浦和也内野手の2,000本安打間近ということで、「レッツゴー習志野(福浦)」を披露でき大変光栄でした。今年は本校卒業生の古谷拓郎投手の入団もあり、さらにパワーアップしたパフォーマンスを披露できるよう頑張ります!」。

 習志野市立習志野高等学校吹奏楽部 部長 酒井悠歌さん(3年生)コメント「昨年に引き続き、千葉ロッテマリーンズ共同応援のご招待をいただきありがとうございます。昨年の共同応援で千葉ロッテマリーンズ応援団の皆様から学ばせた頂いた「応援曲を瞬時に切り替える力」を今年は存分に発揮し、選手の方々を鼓舞できるように心の底から全力で応援したいと思います。マリーンズの選手に熱い応援をさせてもらえる恵まれた機会を大切に、日々練習に励み、当日は日頃の成果を発揮できるよう頑張りたいと思います」。

 市立習志野高校は昭和32年に創立された習志野市唯一の市立高校で、福浦和也選手兼コーチ、古谷拓郎投手の母校。創立以来文武両道を実践し、今回来場する吹奏楽部が全日本吹奏楽コンクールや全日本マーチングコンテスト等へ連続出場し全国屈指の実力を誇るほか、運動部では、野球部が甲子園春夏合わせて12回の出場。うち優勝2回(1967年夏,1975年夏)、準優勝1回(2019年春)、サッカー部が全国制覇3回(全国高校サッカー選手権2回、全国高校総体1回)の成績を誇る。

昨年の応援風景。プロ野球では異例の企画に注目を集めた

昨年の応援風景。プロ野球では異例の企画に注目を集めた

関連するキーワード

千葉ロッテマリーンズ チャンネル

「千葉ロッテマリーンズ」の公式チャンネルです。マリーンズ広報担当が最新情報をお届けします。

ランキング

人気のある記事ランキング