毎年1月7日に木更津市の中島で開催されている梵天(ぼんてん)立てです。木更津金田インターの近くになります。
6つの集落の青年たちによって、木更津の海に6本の梵天が立てられます。この行事は、この年初めて若者の仲間入りをした者が中心となり、一種の成人儀礼にかかわるものとして注目されるとともに、出羽三山の行人の参加によって、地域の繁栄と大漁を祈願しています。
今日はアメダスで見ると、木更津で7時に-0.4℃とかなりの冷え込みでした。梵天を持つ若者たちはほぼ裸でかなり寒いと思いますが、弱音を吐くこともなく海に向かっていました。6組、梵天を立てに行きますが、海に立っている一番遠い梵天より、さらに遠いところに梵天を立てなければならないルールがあるようです。この日は5時に干潮だったので、この時間はまだかなり潮が引いて遠浅な状況でしたので、最後の組はかなり沖の方まで梵天を立てに行っていました。

20170107木更津中島梵天立て - YouTube

出典:YouTube

毎年1月7日に木更津市の中島で開催されている、千葉県無形民俗文化財の梵天(ぼんてん)立てです。

そうだ、内房に住もう。チャンネル

富津市を中心に、内房の店舗や観光スポット、イベント情報を紹介します。

ランキング

人気のある記事ランキング

【カメラ部】投稿写真ギャラリー 2017ー18冬季(12〜2月)

毎月1名様限定、投稿写真をTシャツに特別加工してプレゼント!