5月1日に古希迎える

 千葉ロッテマリーンズの池田重喜寮長が2016年シーズンも、打撃投手兼任で業務を行うことになった。00年より寮長を務め、11年からは二軍の打撃投手も兼任していた。今年5月1日には70歳を迎え、球界でも異例の古希の打撃投手誕生となる。

 「誕生日を迎えて、実際に70歳になったら感慨深いものがあると思います。古希になった喜びと、まだそんな年でもプロ野球のユニホームを着て投げる事が出来る喜びを感じながら、今年は業務に励みたいと思います」と池田寮長。しみじみとコメントをした。

「コントロールが絶妙で打ちやすい」

井口選手(左)に投げる球界最年長バッティングピッチャー・池田寮長(球団Youtube動画から)

 池田寮長は1946年5月1日生まれで、現在は69歳。大分県臼杵出身で、津久見高校、日鉱佐賀関を経て68年にドラフト4位で大洋に入団。71年にロッテに移籍し、77年に引退した。通算成績は155試合に投げて、13勝12敗、防御率3・53。78年から97年はロッテでトレーニングコーチを務め、00年から寮長。さらに01、02年はトレーニングコーチも兼務した。

 現場の選手たちからも「コントロールが絶妙で打ちやすい」と評判。山室晋也球団社長は「努力のたまものとして、ここまで投げている池田さんは球団の大切な財産。若い選手や、いろいろな人に勇気を与えていただきたい」と期待を寄せる。今季はドラフト1位で仙台育英高校から平沢大河内野手が加入し、その年の差は51歳。祖父と孫ともいえる年齢差だけに打撃練習での2人の対決も注目を集めそうだ。

【広報カメラ】井口選手に投げる池田寮長

井口選手に投げる球界最年長バッティングピッチャー・池田寮長【広報カメラ】 - YouTube

出典:YouTube

【広報カメラ】「疲れないよ!あれぐらい」

現役最高齢バッティングピッチャー 池田寮長の投球【広報カメラ】 - YouTube

出典:YouTube

関連リンク

千葉ロッテマリーンズ チャンネル

「千葉ロッテマリーンズ」の公式チャンネルです。マリーンズ広報担当が最新情報をお届けします。

ランキング

人気のある記事ランキング

【カメラ部】投稿写真ギャラリー 2017秋季

毎月1名様限定、投稿写真をTシャツに特別加工してプレゼント!