【イダセイコチャンネルとは?】
千葉県は白子町出身のシンガーソングライター“イダセイコ”が、
なんとも主観的に?ほのぼの音楽との日々を綴ります。

SHARE THE 3S 2018

イダセイコの“SHARE THE 3S”
昨年から夏に、スペシャルなライブをお届けするべく企画している、
海辺のライブツアー。
3Sの3つのSは、

SHARE THE SEA(海)
SHARE THE SONG(詩)
SHARE THE SUNSET(夕焼け)。

日本列島で一番日の出が早い街、銚子。
圧巻の屏風ヶ浦に、犬吠埼の白い灯台。
丘に、そして海の中でも回る風力発電のかざぐるま。

他のどことも違う、今回は銚子の海と夕焼けのライブだ。

地球の丸く見える丘展望館

銚子へ来たなら一度はおいで。
おすすめ観光スポットの一つ、「地球の丸く見える丘展望館」

銚子で一番高い愛宕山の頂上に位置していて、
屋上の展望スペースから見える風景こそ“地球が丸い”という事を実感できます。
天気のいい日は、360度大パノラマで、富士山や筑波山を見ることができます。

昨年のSHARE THE 3Sからお世話になっている展望館。
今年も銚子旅館組合の夏のイベント「ラストサマー」のテーマ曲に、
私の歌を使っていただけるということで、本当に楽しみにしていました。

横芝や茨城、地元銚子のみなさんとたくさんの方が
今日のライブに遊びに来てくださいました。

もちろん、たまたまこの場所に来てイダセイコの音に触れた!?という方も
いらっしゃいました。

本当に皆さん、いつものことながらありがとうございました。
こりゃもうもう、「頑張らなくっちゃっ」と思わずにいられませんでした。

新曲 「きみと過ごした街〜銚子ラストサマーver.」

今日は新曲初披露の日でもありました。

昨年の打ち合わせのときに、
「銚子の歌をかきましょう」という話をしていたのもあって、
今年は何らかの形で曲がかけたらいいなぁとは思っていました。

応援してくれる、あたたかく受け止めてくれる銚子に、
私ができることがあるとしたら、それは「音返し」。
音楽を使って恩返しをするのが美しいだろうと。

どんな歌にしようかとしばらく悶々としていましたが、
割とあっさり、ある朝、曲が降ってきたのです。するすると。

すぐレコーデイングの手配をしてアレンジまでしてもらいました。
下記に動画をUPしましたのでよかったら聞いてくださいね。

きみと過ごした街〜銚子ラストさまーver.

出典:YouTube

今日の参加賞はこの曲の歌詞と版画のポストカード。

このポストカードを見ながら、初披露もドキドキと、
最終的には会場に来たみなさんと一緒に歌いました♪

この歌を地元のみなさんが家事や仕事の最中に、
鼻歌で歌ってくれるような歌になったらいいなぁと願いながら。

展望館の窓からは、銚子の海と空。

淡く暮れていく西陽をスポットライトに、
ゆっくりと時間が流れていきました。

こうして、銚子の夏の日が過ぎていきました。

関連するキーワード

イダセイコチャンネル

千葉県は九十九里白子町出身の千葉っ子シンガーソングライター。
この夏、待望のミニアルバム「うたたねうた」でメジャーデビュー。
現在も千葉県在住で千葉県中心に精力的に活動中。
とくに大好きな千葉の海や風、花や緑、青い空やきらめく星空を歌っています。

そんな音楽とイダセイコの日々を綴ります。

ランキング

人気のある記事ランキング

【フォト部】投稿写真ギャラリー 2018夏季(6〜8月)

毎月1名様限定、投稿写真をTシャツに特別加工してプレゼント!