【いすみ鉄道 社長コラム】

キハ28が重要部検査に入りましたので、この3連休(1月6〜8日)はキハ52が老体にムチ打って単行運転で急行運用についています。

昨日は大多喜から先の山間部区間はうっすらと白い化粧を施したシーンが見られたようです。

そうなると、この寒いのに沿線にはご覧のようにたくさんのお客様が撮影にいらしているようです。
真冬の枯野原の田んぼの真ん中に10名以上の人たちが、今か今かとキハを待っているシーンは、この地域にとっては「奇跡」でしょう。

でもそうなると、当然こういう連中も来るのです。
 
私は鉄道ファンという人たちは、きちんとしている人たちが多いと思っていますが、分母が大きくなると、つまり、たくさんの人数が来るようになると、人間には一定の割合で頭の悪い奴や、物事を理解できない奴が存在しますから、当然、そういう人間が目立つようになります。
ということで、こういう連中が散見されるようです。
 
皆さん、見かけたら注意してあげてください。
でも、注意するのもコミュニケーションですから、上手に注意してくださいね。
何しろ相手は阿呆連中ですから、ふつうの会話が理解できない可能性がありますから。
 
そして、注意しても聞かないようであれば、次回からは顔出しでお願いします。
 
こういう時代ですから、仕方ないでしょう。
実名で意見を言い合う鉄道ファンのコミュニケーションの中では、こういう人たちの「顔出し」もありでしょう。
何しろ言葉が通じない場合は仕方ありません。
ということで、本日も皆さん楽しくローカル線の旅をお楽しみください。

関連するキーワード

いすみ鉄道 社長ブログチャンネル

いすみ鉄道のようなローカル線は、鉄道会社といっても零細企業です。
こういう小さな会社は、社長が何を考え、どういうポリシ―や方向性で進んでいるのかを皆さまに直接お伝えし、ご理解いただくことが大切だと考えています。
このチャンネル(ブログ)では、地元の情報やイベントなども併せて、「いすみ鉄道の今日」をお伝えいたします。
どうぞお付き合いくださいますようお願い申し上げます。

ランキング

人気のある記事ランキング

【フォト部】投稿写真ギャラリー 2018夏季(6〜8月)

毎月1名様限定、投稿写真をTシャツに特別加工してプレゼント!